読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

閑話 - こころの形と五臓の形

 お昼に温かいお蕎麦を頂いて、暖かい書斎でつらつらと執筆してると、な~んとなくボ~としてきますね。

 で、信号のない泉北1号線をバイクでひとっ走り。

 頭がキーンと痛くなりましたが、強制的にリフレッシュ。

 さてさて、唐突ですが「こころ」に形って無いですよね。

 「こころ」を、気持ちを目の前の「ここに」出せって言われても、気持ちを何らかの形で表現するしかないですよね。

 また話が、ちょっと飛びます。ついてきてくださいね。 (*^^)v

 「ほとけ」を具体的に表現したものに、観音像とか阿弥陀仏像とか色々ありますが、いずれも誰しもが心の中に既に持っている仏性、様々な現れ方をする仏性をそれぞれに表現したものですよね。

 形は無くても、確かに存在する仏性。

 何が言いたいかと申しますと、東洋医学の五臓概念も仏像と同じということなのです。

 命が表現するものを、5つの要素でつかもうとして、五臓が想定されたのです。

 我々現代人の頭の中には、医学と言えば西洋医学がびっちり入り込んでいますので、五臓といえば、いわゆる実体のある臓器を思い浮かべてしまいますよね。

 実は筆者も、初学の頃はそうでした。

 東洋医学には、五臓という実体は無いんですよ。

 びっくりぽん! じゃないです?

 実際に解剖して、臓象図とのあまりの違いに驚いたと言われている「解体新書」の杉田玄白くん、ちょっと惜しかったね。

 臓象図とは、臓器の絵じゃなかったんですよ (^_-)-☆

 いわゆる臓器とは全く別のもの、世界観が全く異なるので接点は無いと考えるのが正解なんですよね。

 とはいってもね、それではとらえどころが無い、頼りない。

 そこで解剖的・写実的な臓器の形を元にして、なんとか『気の働き』を表現しようとしたのが、あの奇妙な『臓象図』と呼ばれるものなんですね。

 唯一、接点というならこの点だけですね。

 

『十四経発揮』本間祥伯著 より

上の図は、肝の臓と胆の腑の臓象図です。

 
 筆者から見ると、よくもまあこれだけ意味深長な図に仕上げたものだと感嘆してしまいますが、分からない人は子供の絵の方がまだ上手いと笑われるかもしれませんね。
 
 五臓には、実体がない?
 
 では、五臓に連なるとされてる、経絡の存在はどうなるの・・・!?
 
 経絡の実在が危うい?
 
 じゃあ、経絡上に在るって言われてる、経穴(つぼ)はいったいどうなるの?
 
 当然、そうなりますよねぇ (^^)/
 
 おぉ~、急に吹雪いてきました!
 
 
 鍼道 一の会
 


閑話 ー 経絡ってね・・・?

 本日は全国的に休日ですね。

 今日、天気は良いのですが、あまりの寒さにひるんで書斎にこもってます。

 暖かい部屋、しあわせですねぇ~。

 で、来年度「一の会」臓腑経絡学の教科書を執筆中であります。

 ちょっと休憩、閑話。

 ところで、針灸家の常識であります『経絡』というもの。

 これって、ほんまに経絡流注に沿って気血が秩序立って流れているんだろうか。

 下図は、足少陽胆経の顔面部流注です。

経絡学 中医薬大学全国共通教科書 浅野周翻訳
  素直に見て、図のように気血が流れてるって、自分自身の体感的に実感できるでしょうか?

実はね、これってずーっと自分の中でくすぶっていた疑問なんですが、やっぱり違うと思うんですよね。

 かといって、現代医学的な血管や神経の走行とも違いますしね。

 
 こんなこと、どうでもいいと言われれば、確かにそうなんですけれど・・・
 
 それにこんなこと書くと、初学者は勉強の意欲を無くすかもしれませんが・・・
 
 でもまれに、経絡現象を感じる方もいらっしゃいます。
 
 筆者も、足三里からお湯のような熱いものが胃経に沿って下に流れていく感覚がする時が、たまにあります。
 
 大体、このような現象の後は体調が良いです♪
 
 が、経絡現象を単に経絡に気血が流れているからと理由付けするのも、やはりなんとなく安易な感じがするんですよね。
 
 他にも常識とされてる理論に、疑問はいっぱいあります。
 
 例えば衛気と栄気は調和して、常に内外同時に流れているというのも、ほんとかな?って思うのですよね。
 
 衛気は日中は体表を循り、夜は体内に入るというのも同じです。
 
 単に気の流れが切り替わるだけだと思うのですが・・・
 
 恐れ多くも、黄帝内経に反した考えではありますが・・・
 
 インド医学にチャクラがあって、経絡がないのはどうしてなのだろうとかもね。
 
 それに湯液家は、経絡概念がなくても治療できますしね。
 
 おそらく、人間を認識する視点が異なるからなのでしょうけど、ある視点では存在しているのに、違う視点からは存在していない。
 
 それでも共通認識は、頭はひとつで手足はよっつ。
 
 やはり、人間って面白いですね。
 
 で、ここに来て鍼灸家にとって、経絡概念はやはり必須ですね。
 
 ただ、概念を再度はっきりさせる必要があると。
 
 筆者は、肉体に重なっているもう一つの身体が存在すると想定すると、なんとなくすっきりしそうなのですが・・・
 
 読者諸氏は、どのようにお考えでしょうか。
 
 
 鍼道 一の会
 
 
 

親切・・・「一の会」特別講座に際して

 親切って、親を切ること?

 切とは、ぴったりと相手に寄り添うことの字義があります。

 親が子を思う気持ちと、子の思いとを一にして、ぴったりと寄り添うことを親切というのですね。

 東洋医学では、患者に直接触れて候うことを切診と申します。

 切診とは、実際に相手に触れた手から伝わってくるものを、心を平らかにして察知する診察法です。

 このあたりの消息は、素問<平人気象論十八>
「常以不病調病人.醫不病.故爲病人平息.以調之爲法」
 常に病ざるを以て病人を調う。醫は病まず。故に病人の爲に息を平らかにし、以て之を調うを法と爲す。
 
 に、如実に語られている通りです。これって、あまり注目されていませんが、極意と言えば極意です。


 2月5日の「一の会」では、稲垣学術部長の実技披露にモデルを買って出たのですが、参加者の切診を通じて伝わってくるものを、実は観察していました。

 結果は、素晴らしいものでした。

 みなさん、学術が自分のものになっておられると感じました。

 「触れる」という行為には、互いの気の交流が行われています。

 触れて触れられて、快に感じるか不快に感じるか。

 これが答えであり結果です。

 お互いの総体としての在り様が、直接肌を切っする接点において、瞬時にやり取りされるのが、実際に触れ合うということの意味合いです。

 筆者は、目を閉じて唯々触れられる手から伝わってくるものを受け取っていたのですが、一年目の方、二年目の方、それぞれに個性を感じつつ、それぞれに出来上がりつつあるものを感じ取れて、とてもうれしく思えました。

 触れることから、何を読み取ろうとするのか。

 それぞれの人間理解の視点と学んだ学理がどれだけ心になじんでいるかが、如実に伝わってくるものです。

 どれだけ学理を積んだとしても、最後には切して刺鍼し、切して抜鍼します。

 この点は湯液の世界とは大きく異なります。

 鍼灸医学は、最後の最後まで術者の在り様がそのまま結果につながる医学です。

 この最初から最後までのアプローチの在り様は、永松先生による『身体学』が多くの示唆を与えてくれます。

 4月からの新講座に向けて、我々講師陣も区々精進中であります。

 鍼道 一の会

2016年度 第11回特別回「一の会・東洋医学講座」活動報告

 鍼道 一の会スタッフの大上です。

 あっという間にもう2月。

 昨年4月から始まりました今期の東洋医学講座も、おかげさまで無事最終回を迎えました。

 ついこの間始まったばかりのような気がしますが・・(^_^;)

 過ぎていく一日一日を大切に過ごしたいと改めて感じる今日この頃です。


 さて、今期の講座の最終回、大トリを飾るのはこの人↓
稲垣順也 先生
稲垣順也 先生


 我らが一の会の学術部長にして金澤代表の愛弟子でもあります稲垣先生です。

 以前より、本講座において予告されていました秘蔵の脈診法を初公開していただきました!


 「焦らして焦らされ続けた」とおっしゃいます永松副代表が急遽、前座を務めてくださり、金澤代表がモデルを務めて下さるという熱の入れよう(*^^*)

 動画撮影担当の私も気合が入りました!

 そして、ゆっくりと分かりやすく話す稲垣先生の言葉に、受講生の皆様もグイグイ引き込まれていくのがよく分かりました。

脈診指導中の稲垣先生
脈診の指導をする稲垣先生


 未だ門外不出でありますこの脈診法について、ここで詳しく記述することは出来ませんが、興味を持たれた方はぜひ、『鍼道 一の会』東洋医学講座で ご一緒に勉強いたしましょう!

稲垣先生・永松先生・金澤先生
最後に講師3人よりご挨拶

 一年間ありがとうございました!


 そして、2017年4月からの次期講座の募集も始まっております。

 募集要項はこちらです↓↓


 ▶▶『鍼道 一の会』東洋医学講座 2017年度 募集要項




鍼道 一の会


少陰病について


 今月の鍼道・一の会『東洋基礎医学講座』では、私・稲垣は、『中医学』の「不内外因」と『傷寒論』の「少陰病」を題材にしました。

 この記事では、冬という季節柄、傷寒論の少陰病について、講義内容を紹介してみたいと思います。

 対象は、専門家を想定しております。



 少陰病とは、病証としては「陽虚」あるいは「陰虚」の人が、外寒の影響を受けて「ひたすら寝たがっている」という状態です。

 学校教育では、陽虚と言えば「冷え」、陰虚と言えば「ほてり」というイメージが付きやすいかと思いますが、それだけでは臨床の指針としては心もとないことでしょう。



 陽虚とは、体内の陽気(エネルギー)が不足して、津液(水)を自力では動かせなくなってきている状態です。

 陽虚について考える時、この、自力では動かしきれなくなった津液を視野に入れることが重要だと思います。

 ここを押さえれば、陽虚の症状である未消化便や体の冷え・しびれ・動かしにくさなどや、少陰病の症状である活動性の低下は、一人の人間に併発し得ることとして納得できるかと思います。

 更に、他の併発症状についても、理解や類推がしやすくなるでしょう。



 一方、陰虚とは、陰液(血や津液)の漏出が続いて不足に陥り、自分の陽気(エネルギー)を落ち着けられなくなってきている状態です。

 そのため、ほてりや乾燥と共に過度な興奮が生じ、睡眠の質も低下して、結果的に日中の活動性が低下してしまいます。

 よって、陰虚の人を治すには陰液の漏出を止める必要がありますし、漏出が見られないなら、それは陰虚ではないかも知れないのです。



 以上、陽虚と陰虚について掘り下げてみると、普段から鼻水やむくみなどが出やすい人は陽虚を経由して、不正出血や尿崩症などを起こしやすい人は陰虚を経由して、少陰病に陥る恐れのあることが分かります。

(注:鼻水は、本来は出るべきでないところから水があふれている状態ですので、漏出ではなく、むしろ停滞を問題視すべき症状となります)

 現在、インフルエンザの流行が心配されており、インフルエンザは東洋医学で言うところの「外寒」に基づく疾病ですから、上記のような症状のある人たちが感染した際の危険性はよく認識しておくべきでしょう。

 なぜなら、「少陰病」は病の最終段階の一つであり、そこでは生死が問題となるからです。

 「ひたすら寝たがる」という少陰病の定義は、実はそれなりの危機的状況を表現しています。

 逆に言えば、東洋医術に生きる我々や皆様が、日々の臨床で、陽虚傾向あるいは陰虚傾向の人を改善し続けることは、インフルエンザの被害の軽減に貢献する貴重な行為でもあるはずです。

 同業の皆様がこれまでなさってきた貢献、あるいはこれからなされていく貢献が、どうか感謝で彩られたものであるよう願っております。



一の会

活動報告(ダイジェスト動画)―「鍼灸師のための勉強会」 大阪医療技術学園専門学校にて―

 早いもので、もう12月。今年も残すところあとひと月となりました。

 先日11月27日(日)に、大阪医療技術学園専門学校において行われましたセミナーの様子を、約14分のダイジェストにまとめました。

 今回のテーマは、『鍼はこんなにも効くんだ!』 『鍼って面白い!♪』 でした。

 それを実感するためには、

  • 刺鍼前にしっかりと見るべきところを診ておく。
  • あらかじめ、どのように気を動かすのかを計画しておく。


 この2点に集約されるのではないでしょうか。

 是非、動画内容をご覧ください。

 当日は本降りの雨の中、ご参加くださいました皆様、ありがとうございました。

 そして、セミナー準備に携わっていただいた 奈良上眞先生をはじめ教員の皆様、ブログでの公開を快諾して下さった参加者の皆様に、この場をもちまして厚く御礼申し上げます。




 『鍼道 一の会』 2017年度 第4期生

募集要項はこちらへ ▶▶ http://www.iori-hermitage.jp/enlightenment/japanese_medical_class/schedule_2017.html


鍼道 一の会

ランの花と明日の症例





 一雨ごとに冬に近づいていくのでしょうか。

 次第に寒さを意識するようになって参りました。

 昨日、ランの花の贈り物が治療所に届きました。

 この数年、毎年この時期に贈ってくださる方からです。

 かつて息子さんがクローン病で来院し、約10ヵ月で完治してから毎年贈ってくださるのです。

 手書きで、最近の息子さんの様子なども書き添えられており、しばし医療人冥利に浸らせて頂きました。

 治療は、もちろん息子さん本人に行ったのですが、筆者の眼目は、いつも母としての悲しみと難病と診断され出口の見えないお母さんの不安を治めることでした。

 息子さんの病気よりも、お母さんの心に安心を見つけてもらうことの方が優先順位としては先だったのです。

 不思議と思われるかもしれませんが、息子さんが廃薬を決めいよいよ完治に向かった時期と、お母さんの心に安心が訪れる時期とは同時進行でした。

 なつかしいなぁ、あのころ。

 不安と葛藤を抱えつつ、互いに真剣に取り組んだあの時が。

 あっ、今も真剣にやってますよ。

 明日の『鍼道 一の会』の症例は、少々古いですがこの病の証治を解説することにします。