ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

活動報告ー8月臨床講座

 今回の臨床講座は、南森町に在ります大阪医療技術学園専門学校の実技室をお借りして開催させていただきました。

 冒頭講義は、<腹診・背診術概論>

 久々に金澤が講義いたしました。

 金澤が、「では、始めます!」って言いますと、いつもと違って全員起立!

 学校というの気、やはり素晴らしいですね。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20170821103931j:plain

 

 まずは東西医学の「部分と全体」の違いを説明。

 ざっくりと申し上げますと、西洋医学は、切り取った部分(臓器・組織・細胞…)を集めて全体を把握しようとします。

 東洋医学は、部分の中に全体を診ようとします。

 例えば、手首のわずか1寸5分という「部分」において、寸関尺・上中下と「全体」を診ますよね。

 同じように、腹診や背診を行う際には、部分に触れながら全体を診ようとする意識が重要です。

 

 また、事前に「鍼道 一の会」会員専用サイトにおいて、会員の皆様に夢分流打鍼術「鍼道秘訣集」を題材に、問題を提起していました。

 

1.「補は寫なり。寫は補なり」とはどういうことなのだろう。

2.現代と当時の打鍼術の違いによって、補瀉の意味合いがどのように違ってくるのか。

3.振動によって気が動くのは何故か。

 

 という内容です。

 このうち、<3.何故、振動によって気が動くのか。>について少し解説いたします。

 まず箱に砂を入れ、その上に石や貝殻を乗せます。

 そして箱をゆする・たたくなどの振動を加えると重いものは下に、軽いものは上にと移動します。

 これが答えです。^^

 な~んだ、って感じでしょうか。

 

 これを、天人合一で解いてみます。

 地の気は昇って雲となり、天の気は雨となって降ります。

 雨そのものには、音がありません。

 地に触れて初めて音を発します。

 すなわち、音(振動)というのは、天の気と地の気が互いに触れ合うことによって生じるパワーなのだとわかりますよね。
 どんな小さな音でも、この天地の気がパワーの元なんです。すごいことだと思いません?

 音(振動)は、天地相交の気に万物が共感・共振するパワーを秘めているということです。

 そしてその振動は、陰陽の気が停滞したものを本来の行くべきところに動かす力があるのですねぇ。
 

 陽は、上へ、外へ。

 陰は、下へ、内へ。

 このことが分かれば、日常のいろんな場面に音(振動)を用いることができます。

 言霊(ことだま)や音楽も同様です。

 かしわ手を打つことで、澱んだ部屋の気を祓うこともできる訳です。

 ちょっとしたコツがいりますが、かしわ手を打って音の響きの悪いところを見つけて、しばらく打ち続けていると音の通りが良くなります。

 そうしましたら、部屋の浄化は終了です。

 みなさま、ぜひ一度お試しください。

 

 

 そして午後は稲垣学術部長によります稲垣流「脈診術」

f:id:ichinokai-kanazawa:20170821104026j:plain

 金澤は、とても面白く感じました。

 脈の浅い深いの幅の内、脈の軸(中心)を捉えて、その中心が脈幅のどの位置にあるかによって気の方向性をつかもうとする理論。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170821104051j:plain

f:id:ichinokai-kanazawa:20170821104120j:plain

 2時間ぶっ続けの講義でしたが、金澤にとっては、あっという間に感じました。

 参加者の皆様も、食い入るように聞いておられました。

 (こちらの記事も参考になります⇒稻垣ブログ「とある鍼灸師の実情」

 

 

 そしてその後は、腹診の実技を行いました。

 いっや~、講義中はピーンとしていた空気が、実技となると一転、和やかな雰囲気になりますねぇ。

 やはり、実技、実習って楽しいですよね。^^♪

f:id:ichinokai-kanazawa:20170821104257j:plain

 金澤も被験者となり、触れられた感覚を伝えながら指導を行いました。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170821104334j:plain

 複数の方々に触れられる体験は、自分の触れ方の参考になります。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170821104536j:plain

 手が出来ていて、しかも上手な触り方をされると、それだけで気が動いて体が良くなります。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170821104721j:plain

 東洋医学に限らず、触れるところからすでに治療は始まっているのです。

 

 触れ方、手の出し方・動かし方について、ひと工夫もふた工夫もする価値、大です。

 相手の気に触れ、その気が動き出してから鍼や灸を施すと、効くべきものがさらに効きます


 人と人とが触れ合う中で、患者だけでなく治療者も良くなっていくのが本当の治療なのですねえ。

 

 皆様、本日もお疲れさまでした!

 

 次回『鍼道 一の会』東洋基礎医学講座は9月3日、臨床医学講座は9月17日です。

 

『鍼道 一の会』は、年度途中の入会も受け付けております。

 興味が湧いた、面白そう、ピン!と来た方、どうぞお問い合わせください。

 お問い合わせは

 『鍼道 一の会』 事務局 大上(おおがみ)まで

  詳細はこちらへ↓

活動報告ー8月基礎講座

 8/6(日)に開催しました「鍼道 一の会」東洋基礎医学講座。

 講座の日が近づくにつれ、台風の動きが気になっていたのですが、幸いにも当日は快晴!

 快晴、そして猛暑の一日となりました。

 参加者のお顔を拝見していると、夏の陽気を受けてほんのりと上気しておられる。

 夏って、本当に体力の必要な季節ですね。

 

 そんな中、副代表の永松周二先生の元気に満ちた第一声から始まりました。

 まずは「易学」

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807165304j:plain

 「鍼道 一の会」では、東洋医学を理解する上で欠かすことのできない「易学」を、基礎中の基礎と位置付けています。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807165431j:plain

 今回は、八卦と九宮

 「九宮」とは、中央に中宮を置いて、方角と時間軸で空間を捉えようとする方法論です。

 初学者にも分かりやすいよう、丁寧に噛んで含むようにゆっくりと講義。

 この九宮の認識方法は、応用の幅が無限にあるといっても良いほどです。

 

 途中、稲垣学術部長が、九宮全体を脾胃として中央に脾を置いた場合どうなるかという持論を展開。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807170453j:plain

 また九宮を上下・前後として配置するとどうなるのか・・・

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807170131j:plain

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807170349j:plain

 稻垣学術部長の柔軟な発想に、大いに触発されました金澤もたまらず乱入参戦し、しばし、永松・稻垣・金澤の三者でそれぞれの太極の軸の違いによる論法を展開。

 

 三人は大いに楽しんだのですが、ついてこれない方もいらっしゃったと思います。

 が、楽しめるレベルに達して、ぜひ自分も参加したいと、啓発された方がほとんどだったのではないでしょうか。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807171040j:plain

 金澤は、腹診に応用した場合について少し話しましたが、これからさらに発展する予感がしております。

 

 続いて川越凌太先生による「経絡学」f:id:ichinokai-kanazawa:20170807171915j:plain

 

 川越先生が試行錯誤の末に、ご自身で作成された経絡アニメーションを用いての講義は、煩雑な経絡がイメージしやすいと大変好評です。

 しかし経絡学自体が、臓腑と四肢末端を繋ぐルートなので、これを覚えるだけとなると実に淡々とした講義になってしまいがちです。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807171408j:plain


 そこでこの経絡学を、いかに面白く完成度の高いものにするのか。

 経絡そのものを従来の概念を超えた視点で見ようと模索されている様子がうかがえて、金澤はとてもうれしく感じました。

 今後の川越先生に期待したいですね。

 

 そして午後からは「臓象学」
 大阪医専 東洋医学部・鍼灸学科 教師 江見木綿子先生。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807173619j:plain

 実に楽しく講義されていました。

 「鍼道 一の会」では、個人の考え方や捉え方をとても重視します。

 多様性の中の不易、それを目指しています。

 すなわち、一人一人の個性的な発想や理論を開示し合うことで、そこに共通する本質を明らかにし、ひいてはさらなる発展が促されることを期待しているのです。


 そして個人個人の感性にもっとも適った治療スタイルが、ご自身の中で構築されることを目標にしています。 

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807173740j:plain

 このように「一の会」では、それぞれが違ったことを主張しているように見えても、根底ではつながっているので、矛盾しないのです。

 そういった意味で江見先生、もうすでに木綿子ワールドの芽生えを十分に感じさせてくれました。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807174612j:plain

 江見先生は、臓象図に描かれている臓腑の形にとらわれず、自分の中で常にイメージをしておられるとのこと。
 金澤も八卦を用いたり、九宮を用いたり、様々な認識アイテムを用いて色んな角度からイメージしています。

 このイメージが、臨床とぴたりと符合すると、とてつもなくうれしく、面白く感じて、どんどん鍼の世界に引き込まれてしまうのですねぇ。

 おそらく、永松・稻垣両先生も同じだと思います。

 

 そして稻垣学術部長による「一の会式・東医理論」。

 稻垣ワールドは、もう完全といっていいほどに出来上がってますねぇ。

 師である金澤の考えの枠に囚われず、どんどんご自身の世界を広げておられます。

 いやー、実に頼もしい存在です。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807180501j:plain

 

 今回は、学校教育で用いられている教科書「新版 東洋医学概論」が、約20年ぶりの改訂により五臓理論の表現が変わったことを取り上げ、その光と影を明確に解説してくださいました。

 学生諸君にとっては、非常に興味のある内容だったと思います。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807175856j:plain

 新版の五臓理論は、かなり細分化され精密になったようですが、これによって反って五臓の具体的なイメージを捉まえる妨げになってしまっている、と。

 また、理論が精密になった半面、五臓間の関係性をみると矛盾点が随所に現れているということも、ひとつひとつ指摘してくださいました。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807180431j:plain

 

 易学を用いて少し金澤なりに説明してみます。

 対象を認識するプロセスは、混沌→太極→両儀→四象→・・・と、必要性に応じて切り分けて認識していくのですが、最後に「太極」に戻ってくることが大切なのです。

 ところが新版の内容は、混沌→太極→両儀→四象→・・・→「混沌」となってしまうのです。

 これ、どういうことかと申しますと、要するに色々と聞いてはみたけれど、結局あなたは何が言いたいの? 何を伝えたいの?・・・といったことになってしまってるということです。

 学生さんは勉強する際、ここをしっかりと押さえながら学ばれることが肝要ですね。

 

 そして最後は、再び永松副代表による「身体学」

 今回は、久々に推手を行いました。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807182141j:plain

 川越先生を相手に、互いに組み合った動きの中で、「抜力」と「気の重心」と「軸」を維持する練習です。

 川越先生、この1年余りで、かなりコツをつかんだようです。

 

 次は手のひらを合わせ、手の位置はそのままで永松先生は大椎に気が達するのを感じます。

 同時に、川越先生も大椎に気が至ったことを感じます。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807182656j:plain

 見ていると、ほとんど動いていないのですが、微妙な動きの中で互いに感じ合っています。

 さらに絞っていくと、互いに指先で触れ合うだけで、互いの気の重心の位置を感じ取ることが出来るようになります。究極のところ、鍼先で相手の気を感じとるのが我々治療家です。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807182447j:plain

 この感覚が手に入ると、鍼を刺さずにかざすだけでも、よりシャープに効くようになります。

 金澤は、大変ありがたく感じております。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807183135j:plain

 みなさま、真剣に・・かつ遊び感覚で、大いに楽しんでいただけたのではないでしょうか。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807183249j:plain

f:id:ichinokai-kanazawa:20170807183254j:plain

 

 「身体学」で、長時間の勉強疲れも吹っ飛び、ワイワイと賑やかに、かつ和やかに、基礎講座終了!

  お疲れさまでした♪

 

 次回『鍼道 一の会』臨床医学講座は8月20日(日)。

  会場を、大阪・南森町の大阪医療技術学園専門学校に移して開催いたします。

 会員の方は再度ご確認ください!

 

『鍼道 一の会』は、常時入会を受け付けております。

 興味が湧いた、面白そう、ピン!と来た方、どうぞお問い合わせください。

 お問い合わせは

 『鍼道 一の会』 事務局 大上(おおがみ)まで

  詳細はこちらへ↓

www.iori-hermitage.jp

活動報告ー7月臨床講座

 梅雨も明け、いよいよ夏本番となって参りました。

 7月の「鍼道 一の会」臨床医学講座、学生諸君は試験期間中にも関わらず参加してくださいました。

 

 冒頭の講義は『脈診術』

 成長著しい江見木綿子先生が講義して下さいました。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170727173414j:plain

 脈診って聞くだけで、難しい・・・と感じられる方も多いことでしょう。

 が、実は脈理さえ理解すれば、意外とすぐに使えるのです。

 

 基本は、やはり四時陰陽の気の消長を捉えるということです。

 つまり、季節によって変化する脈理を理解するということです。

 

 江見先生、大きなリアクションを交えながら、実にハキハキとした語り口調。

 金澤が、江見先生から感じたことは、

「間違っていてもいい、自分が学んだこと、感じていることを堂々と開示する」

 そのような力強い意志でした。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20170727174052j:plain

 内面的な力強さを秘めつつ、表面的には余裕さえ漂わせ、和やかな雰囲気を醸し出しながら講義は進められました。

 

 江見木綿子先生は、大阪医専 東洋医学部・鍼灸学科 で日々教壇に立っておられます。先生のような若手の東洋医学系の専任教員は、これからますます業界から求められるでしょうね。頼もしい限りです。

 

 そして稻垣学術部長が、江見先生の講義に肉付け。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170727180431j:plain

 其々の脈が現れる理由、そしてその見分け方。

 一口に「滑脈」といっても、スムーズに流れる様を形容する場合もあれば、脈の手当たり(脈状)を形容する場合があるなど、古典を読む際の留意点なども併せて解説してくれました。

 金澤も、目からうろこが何枚も落ちました。👀

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20170727174259j:plain

 

 さらに、主観が中心の診察法となると、この人↓も黙ってはおりません。

 副代表の永松先生です。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170727175609j:plain

 永松先生ご自身の捉え方や考え方を、やはりリアクションを交えながら開示してくださいました。


 なんか、楽しそうでしょう?永松先生。

 やっぱり、まずはこれですよ、楽しくなくっちゃ!ね。

 この「気」が相手に伝わるのです。

 

 そしていよいよ脈診の実技です。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170727175942j:plain

 実技時間は、毎回皆様の気がパッと明るく伸びますね。

 むろん、講師陣もです。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170727180050j:plain

f:id:ichinokai-kanazawa:20170727180246j:plain

 

 金澤にとって脈診は、四診の中で最も重要な診察法です。
 脈は、病態把握だけでなく、刺鍼後の効果判定や予後の判断に用いることができる優れものです。

 

 ぜひみなさまも、自分のものにしてください!

 そのためには、講義や実技で学んだことを日々実践!そう、実践あるのみです。

 

 

 そして、続きましては!

 うわさの永松流『観相学』、とうとう開示してくださいました。

 

 永松流観相学は、永松先生ブログ「衆妙の門」でも公開されていますので、興味を持たれた方は、訪ねてみてください。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170727182337j:plain

 この永松流「観相学」、ぜひとも懐に入れておきたい術だなと、金澤は強く感じました。
 会員の皆様、動画を見直しましょうね。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170727181202j:plain

 永松先生、ご自身が温めてきたものを語るのがとても楽しそうでした。


 そしてこの後、それぞれペアになって「観相術」でもって実際に行ってみました。

 金澤は、左右の目の高さが違ったり、鼻柱が微妙にずれている状態に、翳鍼(鍼をかざす)を行い、ずれをなくすことなどをやってみました。

 鼻柱の曲がったのが、鍼でこんなに変わるのだと、われながら驚いてしまいました。
 

 と、いうことは・・・鍼で鼻柱がまっすぐになったということは、その人の未来も変わるということです。


 改めて、鍼ってすごいと思いませんか?!

 

 写真がないのが残念ですが、大いに盛り上がった講義・実技でした。 

 

 

 そして最後は「身体学」

 数多のセミナーや講習会が存在している中で、治療者の心身を整えることによって、治療効果を抜群に高め、治療者自身も疲れない術を伝授している学術団体は、当「鍼道 一の会」だけではないかと自負しております。

 

 今回は、受講生からのリクエストにお応えするという目的もあり、永松先生からいきなり打ち合わせもなく『はる&ゼッキー』のお二人にお願いしたそうです。

 

 急な申し出にもかかわらず、快くお引き受けくださいましたお二人、今回も非常に楽しく、ためになる講義・実技をしてくださいました。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170728111825j:plain

 まずはゼッキー」こと尾関克哉先生(健志堂 院長)の登場。

 恥骨・尾骨・坐骨のひし形を意識した中心軸のワーク。

 さすが元教師、突然の要請にもかかわらず、素晴らしいご指導をしてくださいました。


 そして今回、「はる」こと古賀晴美トレーナーの、後出しジャンケンのワークに恐れ入りました。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170727183834j:plain

 古賀先生「私が先に出しますから、みなさま私に勝ってください」

     「ジャンケン、ぐー!」

 みんな 「ぱー!」

 とそれぞれ大きな声を出しながら、後出しジャンケン。

 これは楽勝♪

 

 古賀先生 「では、次は私に負けてください」

      「ジャンケン、チョキ!」

 みんな  「・・・あれ?・・・」

 

 そうなんです、負けることって意外と難しいのです。

 これは、やられた・・・^^;

 

 意識の盲点を突かれましたが、とても楽しく、今日の勉強疲れがいっぺんに吹き飛んでしまったかのようでした。

 

 さすが、『はる&ゼッキー』! 

 今回も楽しく、身になる講義・実技を ありがとうございました!!

 

 そして、トリは永松先生の「身体学」

 

 まずは 自分の身体の空間的感覚を意識すること。 

f:id:ichinokai-kanazawa:20170728112712j:plain

 

その後、いきなり永松先生は ご自身のヤンキー時代を再現!?

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20170728112814j:plain

 いやいや冗談です。

 これは蹲踞(そんきょ)の姿勢です。

 蹲踞の姿勢で、身体の軸と重心をずらさないように歩く練習。

 難易度の高い、身体の軸と重心の構築です。

 

 金澤、初めは蹲踞の姿勢そのものを維持できませんでした。なのに移動するなんて・・・(;^_^A

 

 しかし、ご指導のお蔭でコツはつかめました!

 あとは、練習あるのみです。

 いや、実に楽しく充実感満載でした。


 ご参加くださいましたみなさま、講師の先生方、大変お疲れ様でした。

 次回もよろしくお願いします!!

 

 

 次回『鍼道 一の会』東洋基礎医学講座は8月6日、臨床医学講座は8月20日です。

 

『鍼道 一の会』は、常時入会を受け付けております。

 興味が湧いた、面白そう、ピン!と来た方、どうぞお問い合わせください。

 お問い合わせは

 『鍼道 一の会』 事務局 大上(おおがみ)まで

  詳細はこちらへ↓

 

 

 

 

 

 

 

 

活動報告ー7月基礎講座

 数日前から蝉が鳴き始めましたねぇ。

 梅雨明け間近といった感じでしょうか。

 

 さて、7月9日(日)、『鍼道 一の会』2017年度第4回基礎講座を開催しました。

 全体として、基礎とはいえかなり高度な内容になったと、筆者金澤は感じております。

 

 まずはこの人、永松副代表の『易学』。いつものように元気な声で始まりました。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20170711094622j:plain

 無極(混沌)から太極定位を定め、両儀→四象までの解説。

 さらにこの四象と五行論との組み合わせを、改めて講義してくださいました。

 

 講座参加者のアンケートを見ると、このあたりの兼ね合わせについて、かなりむつかしく感じておられる方が多いようです。

 

 五行を、九宮(四象・八卦から派生)と組み合わせる場合、ざっと二通りあります。

 一つは、空間軸で認識するための五行と九宮

 もう一つは、時間軸で陰陽の消長を認識するための五行と九宮

 この二点に集約されるのではないでしょうか。

 経年参加の方は、興味深く聞いていただけたと思います。

 

 このような認識方法を手にしますと、腹診などの具体的な切診、病態変化の予測など、さまざまに応用することができますので、初学の方は時間をかけて自分のものにしていただきたいと思います。

 

 次いで将来有望視されている筆頭、川越凌太先生。

 しっかりと噛んで含むように、経絡学を解説。

 ご自身で作成したアニメーションを使っての解説は、受講生からも大変理解しやすいと好評です。

 ずいぶんとこなれてきた感じですね。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170711095829j:plain

 

 続いて大阪医専 東洋医学部・鍼灸学科 教師 江見木綿子先生。

 今回から筆者金澤に代わり臓象学を担当してくださっています。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20170711100030j:plain

 しっかりと教科書を読みこみ、さらにご自身の世界でイメージしたことを加えて、はきはきとした聞き取りやすい声と口調で講義してくださいました。

 

 ちなみに、任せると言いながら、筆者金澤もしばし乱入致しまして、口を挟ませていただきました。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170711100347j:plain

 内容的にはかなり難しいことを喋ってしまいましたが、終始和やかな雰囲気の中で終了しました。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170711100415j:plain

 

 そしてラストは稲垣学術部長による「一の会式・東医理論」
 『陰陽と五行で人体を考える』をテーマとした講義。

 今回は、<五臓について>

 「一の会」では、いわゆる中医学的な五臓概念を踏襲しますが、それ以上に内経医学的な五臓概念を重要視しています。

 内経を丹念に調べあげた上で、五臓の概念を大胆に展開。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170711103636j:plain

 筆者金澤が興味深かったのは、<霊枢・経脈>などで属絡している臓腑概念と、その他内経で展開されている臓腑概念は異なるという点でした。

 この辺りは、もう少し煮詰めていくと、臨床的な幅が大きく拡がる予感がします。

 

 また今回、受講生の中から「心の募穴ー巨闕、心包の募穴ー膻中とする」ことに関する質問が出され、心と心包概念の歴史的変遷と臨床象とを照らし合わせて、講師陣で論議しました。

 

 おそらく、心と心包の募穴は、入れ替えるのが理論的にも臨床的にも符合すると考えられます。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170711103238j:plain

 

 終了予定時刻の午後五時を過ぎてしまいましたが、あっという間に時間が経過してしまったような、筆者にとって濃密な一日となりました。

 

 

 次回『鍼道 一の会』基礎医学講座は8月6日。(臨床医学講座は7月23日です。)

 

『鍼道 一の会』は、常時入会を受け付けております。

 興味が湧いた、面白そう、ピン!と来た方、どうぞお問い合わせください。

 お問い合わせは

 『鍼道 一の会』 事務局 大上(おおがみ)まで

  詳細はこちらへ↓

www.iori-hermitage.jp

 

活動報告ー6月臨床講座

 すっかり梅雨模様となりました6月26日(日)、『鍼道 一の会』第3回臨床講座を行いました。

 今回は、望診術の中から 顔面の気色診と舌診を取り上げ、基礎的な解説と実技を行いました。

 冒頭は大阪医専 東洋医学部・鍼灸学科 教員の江見木綿子先生による、顔面部の臓腑配当と、顔面に現れる青・赤・黄・白・黒の五色の意味についての解説。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170626094138j:plain

 学生さんや初学の方は、まずは暗記ですね。

 ところが実際の臨床では、青なら青といったはっきりとした色がいつもあらわれるということはありません

 なんとなく青といった感じで、さらに黄が合わさって なんとなく黄緑に見えることもあり、それこそ術者の主観に左右されます。

 

 気色診においてのスタンダードな色の組み合わせと その意味することを、稻垣学術部長が講義してくれました。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170626094708j:plain

 初学の方にとっては、このあたりでもうすでにいっぱいいっぱいだったと思います。

 ここから経年者に向けて、少しだけ筆者金澤も講義に参加させていただきました。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20170626094931j:plain

 ここでも易の考えは生きています。

 まず太極として、立位・座位から臥位になることで現れる顔の表情と色の変化を診ます。

 そして顔全体の印象と気色の浮沈を診て、次第に細部に至り、そしてまた太極に戻ります。

 そこで、もし自分が得た顔面気色の情報が正しければ、舌・脈・背部兪穴・・・も、このようになっているはずと予測し、他の診法と関連付けながら認識を深め、病理機序をイメージしつつ最終的に補瀉に絞り込んで一鍼を下します。

 

 ここに至るには、基礎医学が十分こなれていることが必須となります。

 

 そしていよいよ実習です。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170626102719j:plain

 まず光源下での色を確認し、その後、光を少し遮って現れる色を観察します。

 筆者金澤の治療所では、ダウンライトを設置しているので、顔面の気色診はずいぶん楽に行えます。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170626102900j:plain

 そして経穴に触れる・鍼をかざす、鍼を皮膚に軽く接触させる。

 いずれも、的さえ当たっていればダイナミックに気色の変化が現れることをみんなで確認しました。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170626103244j:plain

 加えて「鍼で治すことができるのならば、悪化させることもできる」ことを、実際にやってみました。

 被験者は、即座に息苦しいと訴えましたが、意図的にやっているので すぐに元に戻せます。

 

 

 そして最後は 治療家の身体作り『身体学』

 今回は、受講生の尾関克哉先生が<声を大にして伝えたい、心と体の根っこの話と題して、講義とそれに基づいたエクササイズをご指導くださいました。

 尾関先生は、中学校の元体育教師であり、現在は「健志堂」院長、また [JCCA]一般財団法人 日本コアコンディショニング協会 A級講師をも務めておられます。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170626105230j:plain

 筆者金澤が驚いたのは、子供の運動機能に起きている危機的状況です。

 そうなんだ!って感じです。

 例えば、

 ・足の裏を地につけてしゃがむことができない。結果、和式トイレで用を足せない。

 とか、

 ・転んだ時に とっさに手をつくことができず顔面を打ってしまう。

 

 など、バランス感覚・柔軟性・反射神経が著しく低下している子供がどんどん増えているそうです。

 

 特に興味を引いたのは、心の社会性と身体機能の発達は連動している点で、これを図示しながら見事に解説してくださいました。


 先生の話し方には説得力があり、その内容にあっという間に引き込まれてしまいました。さすが、元教師。プロですね。

 

 そして体のコアを取り戻す「コアコンディショニング」のエクササイズ。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170626105942j:plain

 まずは自分自身の身体感覚を事前確認。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20170626110047j:plain

 そして古賀晴美コーチをモデルに、エクササイズの指導。

  「一の会」では、はる&ゼッキーと称されていまして、絶妙の息の合いよう。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20170626111317j:plain

 ストレッチポールを使い、恥骨、尾骨、坐骨を結ぶ「菱形」を呼吸とともに意識しながら、肩甲骨を動かすエクササイズ。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20170626111551j:plain

 永松周二先生と筆者。いや~、グラウンディング感覚ばっちりですね~!と、にこやかに。


 ほんと、丹田と会陰の身体感覚ばっちりでした。

 尾関先生、古賀コーチ、ありがとうございました!

 

 エクササイズで使用しましたストレッチポール、購入することにしました。
 手元に参りましたら、またご紹介いたします。

 

 次回『鍼道 一の会』基礎講座は7月9日。臨床講座は7月23日です。

 

『鍼道 一の会』は、常時入会を受け付けております。

 興味が湧いた、面白そう、ピン!と来た方、どうぞお問い合わせください。

 お問い合わせは

 『鍼道 一の会』 事務局 大上(おおがみ)まで

  詳細はこちらへ↓

www.iori-hermitage.jp

 

 

活動報告―5月臨床講座

 5月28日の臨床講座、今回のテーマは『問診』。

 稻垣学術部長が終始座長を勤めました。

  f:id:ichinokai-kanazawa:20170529092550j:plain

 

 問診は、何を基準として問うていけばよいのかを解説し、八綱(陰陽・表裏・寒熱・虚実)を確定するために何をどのように意識的に問いかけていけば良いのかを解説。

 これ、なかなかな難しいのです。

 そして簡単な病因病理のモデルを示しながら、気滞が病邪を生むのか、病邪が気滞を生むのかという前後の鑑別まで説明。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170529093728j:plain

 

 そして今回、自分自身を弁証してみようということで、まずは参加者全員が自分自身について「一の会カルテ」を作成。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170529120410j:plain

 筆者も自分自身のカルテを、初めて作成してみました。

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20170529120510j:plain

 改めて自分のカルテを見直して感じたことは、やはりお酒を控えなければならないなということでした。(^-^;

 お昼の休憩をはさみまして、午後からは参加者相互で問診実技。

 

 そして稲垣、永松、金澤と講師3人でそれぞれ個別に指導。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170529120658j:plain

 筆者も加わりました。

 f:id:ichinokai-kanazawa:20170529110220j:plain

 

 病態把握のためには、何を意図的に問うていかなくてはならないのか。

 

 問診事項の矛盾点を見つけ出し、どのような思考でその矛盾を解いていくのか。

 例えば、運動をして汗をたくさんかくとすっきりとする。しかし入浴するとめまいと共にしんどくなるというこの矛盾.

  足腰が冷えるにもかかわらず、冬でもアイスなど冷たいものを好むなどの矛盾を、矛盾なく説明できる病理を知るために何をどのように問うていけば良いのかなどです。

 そして各問診事項間のつながりを意識しながら、問うていくに従って問診者の心内に確信が持てるようになってから切診に移ります。

 切診は、問診で得た病因病理が実際の身体が表現している象と矛盾していないか、虚実の程度、寒熱の真仮などを確認するために行うといっても過言ではありません。

 

 そして最後の締めくくりはこの人、永松先生による身体学。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170529112605j:plain

 今回は、これまで培ってきた抜力の感覚で身体に触れ、皮毛、血脈、肌肉、筋、骨を噛分ける練習テーマでした。

f:id:ichinokai-kanazawa:20170529111931j:plain

 この感覚で切診を行うと、触れられる相手の気とうまく調和することができるので、互いの気の交流が円滑になります。

 刺鍼も同じ感覚で行うと、大きな結果を得ることができます。

 この感覚、言葉でお伝えするのができないのが残念です。

 次回『一の会』基礎講座は、6月11日。臨床講座は6月25日です。

 

 

『鍼道 一の会』は、常時入会を受け付けております。

 興味が湧いた、面白そう、ピン!と来た方、どうぞお問い合わせください。

 お問い合わせは

 『鍼道 一の会』 事務局 大上(おおがみ)まで

  詳細はこちらへ↓

www.iori-hermitage.jp

 

 

 

 

 

三才思想③-霊性とは

三才思想①-理想と現実

三才思想②-神と生命

前回までのお話し

 前回では、宇宙の霊妙不可思議な働き=『神』について書きました。

 要約すると、『神』というのは、いくら頭で考えて理解しようとしても無駄ですよ、自ら『神』であることを自覚して、直観で感じ取るものなのですよということでした。

 そして東洋医学では、この『神』を候う事から始まるというところまで書きました。

 その『神』を候うには、自らに備わっている『霊性』を用います。

 霊性とは、万物と繋がっている感覚、関係性そのものと筆者は感じています。

 この霊性が備わっているからこそ、共感ということが生じるのですね。

 これ、思考ではなくって感覚・感性的なものです。

 『思考』を働かせ過ぎると、感覚・感性は隠れてしまいます。

 この『霊性』的感覚をフルに用いて治療を行うのが、東洋医学です。

 霊的感性を用いて初めて人と出会ったとき、とんでもなく多くの情報がもたらされます。

 これを後から整理するために、思考は有効です。

 治療所の場の空気が、患者さんが来院する前と入室後ではどのように違うか。

 相手の影の濃淡、印象の明暗、動作の遅速、声の調子・・・瞬時に入ってくる多くの情報を瞬時にまとめて、まずは治し易いか否かを判断します。

 このように書くと、特別なことのように思われるかもしれませんが、そうではありません。

 みなさまも、外出先から家に入ると、場の空気の違いを感じられると思います。

 また、ご家庭に来客があると、家庭内の気も変わりませんでしょうか?

 このような感覚は、誰でもが持ち合わせているものです。

 東洋医学では、このような感覚を治療に繋がる様に意識的に用いるだけなのです。

 

 

www.iori-hermitage.jp