読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

相生・相剋法則の有効性と限界

光の玉と化した、雨水 まず最初に、五行論的法則性を運用する際に、留意しておくべき提言を挙げておく。 五行論に限らず、対象を認識する場合、絶対的に正しい視点というものは無く、その時々に応じて最も適切な視点を自分の中から瞬時に探し出すことが肝要…

五行色体表の用い方

寒風の中、微笑んでいるよう 五行色体表は、木・火・土・金・水の五つの性質に分類・整理されたものであるが、まず最初に観念的に覚える必要がある。 そしてさらに、一歩踏み込んで五つの属性に分類された理由を捉える。 例1 自然色体表・・・表1 五悪・木…

五行論―五行の特性①

早朝、鳥たちがついばんでいた木・・・生 木は、豊かな大地の水と天の陽光を受け、草木が芽を出し伸び伸びと成長し、青々とした葉を茂らせる様子が連想される。 また幹や枝葉は曲がっていても全体としてはバランスが取れており、大地にしっかりと根を降ろし…

五行論 - 序論

サザンカ ― 愛らしい・・・ 五行論は、陰陽論と同じく認識論のひとつである。 その五行論は、四書五経の内の書経(しょきょう)、またの名を尚書(しょうしょ)の中の洪範に初めて見ることができ、春秋戦国時代に陰陽論と結びつけられ、現在は「陰陽五行論」…