読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

呼吸瞑想について

瞑想するということ(3)

瞑想を通じて、自分の感情や浮かんでくるイメージの中に素直に入っていくと、自我意識の根底には、不安と恐れが存在することが自覚できる。 この不安と恐れは、自分が世界から分離された状態‐孤独として意識されることから生じる。 瞑想を通じて自分自身と向…

瞑想するということ(2)

自宅近くの花壇にて 自分と思っている自我は、本来存在しないものである。 自我というものは、この世に生れ落ちた環境の観念を、自らのものとするところから始まる。 生れ落ちた土地の気、周囲が使っている言語やニュアンス、特定の社会のルールーや観念をは…

瞑想するということ(1)

雨天の晴れ間にて 於:近隣の桜並木にて 自我の持つ性質のひとつに、分別・判断するということがあげられる。 自分は正しい・間違っている、社会的評価の上下、経済的な多寡、認められる・認められない・・・など。 どれだけ謙虚にしていても、自我は巧妙に…

呼吸と元気(2) 後天の元気―天地の気の特徴

東洋では、物事を陰陽で認識しようという考え方があります。 例をいくつか上げますので、イメージするのに用いて下さい。 陽 : 天 上 気 形が無い 不可視的 動きが速い 外側 熱 燃やす 陰 : 地 下 血 形が有る 可視的 動きが遅い 内側 冷 燃料 下の図―1の…

呼吸と元気(1)・・・元気とは

元気とは精神的にも肉体的にも、充実感にあふれている状態を指して言います。 決して、病院で検査してどこにも異常が無いという状態ではありません。検査で異常が無くても、見るからに病的で元気の無い人を見かけませんでしょうか。 東洋医学的には、元気の…

呼吸瞑想会のいきさつ(2)

数年間、「いおり健康教室」で、呼吸法を行っているうちに、意識的に呼吸をしようと思っても、息がスムーズに入ってこないと訴える方を多く目にするようになってきました。 これもまた、さまざまな理由と原因があるのですが、共通していることは、緊張が解け…

呼吸瞑想会のいきさつ(1)

呼吸瞑想会を始めようと思い立ったきっかけは、来院される方の呼吸がとても浅い方が多かったことによります。 呼吸が浅いと、疲れやすくなるだけでなく具体的に病を生じます。 深くゆったりとした呼吸は、健康を回復するには必須の事柄です。 呼吸は、気の動…