読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

「不妊」と聞いて、東洋医学で何を思うべきか。

国家試験合格レベルの鍼灸師なら、「不妊」と聞けば「腎虚だな」と考えることでしょう。 「腎虚」とは何か 「腎虚」という言葉は、「腎」という部分で場所を、「虚」という部分で状態を表しています。 「腎」は、東洋医学における内臓の一つで、生殖能力も含…

少陰病について

今月の鍼道・一の会『東洋基礎医学講座』では、私・稲垣は、『中医学』の「不内外因」と『傷寒論』の「少陰病」を題材にしました。 この記事では、冬という季節柄、傷寒論の少陰病について、講義内容を紹介してみたいと思います。 対象は、専門家を想定して…

大阪医療技術学園専門学校での勉強会について

一の会の講師陣で、大阪医療技術学園専門学校による「鍼灸師のための勉強会」を担当してまいりました。一の会・代表の金澤秀光先生 大阪医療技術学園専門学校には、鍼灸師学科だけでなく、鍼灸学校での教員資格を取得するための「東洋医療技術教員養成学科」…

9月26日の養生講座を終えて

9月26日の養生講座『気を意識した体の使い方』では、前回の「立禅」の内容を応用し、効率的な「歩き方」について練習しました。「疲れにくい立ち方」を実演中の永松周二先生 まずは「立禅」の復習から。 地球の重力をまっすぐに受けて足の裏まで落とす「立身…

2015年度『一の会・東洋基礎医学講座(第5回)』活動報告

8月9日に『一の会・東洋基礎医学講座』の第5回目を開催しました。『経絡学』を講義中の西岡利子先生 西岡先生ご担当の『経絡学』では、「手少陰」と「手太陽」の「正経・経別・経筋・絡脈」について学びました。 また、「手少陰」と「手太陽」が関わりを…

2015年度・第2回目の『一の会・東洋基礎医学講座』について

5月10日に、2015年度『一の会・東洋基礎医学講座』の第2回目を開催しました。『中医学から学ぶ東洋医学用語』を講義中の稲垣順也 私・稲垣が担当している『中医学から学ぶ東洋医学用語』では、今回、陰陽概念を生体に適用することで生まれた理論の中…

『鶴田会』の皆様との交流

いおり鍼灸院のスタッフでもあり、トライデントスポーツ医療看護専門学校・はりきゅう学科の非常勤講師でもある鍼灸師・丹羽智美との縁で、愛知県から『鶴田会』の皆様が、いおり鍼灸院まで見学に来てくださいました。 丹羽の恩師・鶴田先生を筆頭に、七名の…

3月7日の呼吸瞑想を終えて

いおり鍼灸院・副院長の稲垣です。 金澤先生による3月7日の呼吸瞑想のテーマは、東洋医学で言うところの「枢機」の改善でした。腹式呼吸に付け足す動作を説明する金澤先生(左) 呼吸というのは、「吸う」と「吐く」という正反対の動作の繰り返しですよね…

国際東洋医療鍼灸学院へ行ってきました

2月15日(日)に、『一の会』の顧問のお一人・安達悠介先生とのご縁で、国際東洋医療鍼灸学院へ行ってまいりました。 安達先生が教員を務めておられる国際東洋医療鍼灸学院は、岸和田市にあり、卒業生を対象とした勉強会を定期的に行っておられます。 この日…

2月7日の呼吸瞑想を終えて

2月7日に開催した『呼吸瞑想』について、ご報告いたします。講師は金澤秀光先生 当講座の『呼吸瞑想』では、瞑想中、「数息観」といって、吐く息に合わせ、一から十までの数字を数えることを繰り返します。 これが、簡単なようでありつつ、気を散らせなが…

2015年の初講座を終えて

1月17日(土)に、2015年の初講座として、呼吸瞑想会が行われました。一の会 代表 : 金澤 秀光 先生 今回は、私・稲垣が、一人の受講生の立場から、養生講座──『気を意識した体の使い方』と『呼吸瞑想』の両方──への継続的な参加を通して感じたことを書いて…

12月14日の『鍼灸師のための特別講座・業界セミナー』について

金澤先生による「大阪医療技術学園専門学校」での本年度・第2回目のセミナーが、12月14日に行われました。担当講師 : 金澤秀光先生 参加者の中には国家試験を控えた学生さん達も多く、また、次週に勉強会が控えている一の会・年会員の方々もお見えでした。…

講義補足 : 上衝而吐味噌汁(上衝して味噌汁を吐く)

Google+ への以前の投稿に引き続き、表証に関して自分が印象深かった体験をご紹介します。 当時はまだ小学生でしたから、それが桂枝の証であったとか上衝であったとかは、最近になって分かったことですが。 子供の頃の私は、風邪を引いてもなかなか発熱せず…

2014年度の東医講座も半分が終了しました

去る9月28日(日)に、2014年度『一の会・東洋医学講座』の第5回目を開催しました。 この日は、いつも利用している会場が借りられなかったため、急遽、講師陣3名ゆかりの施設である大阪医療技術学園専門学校の教室を拝借して行ったのですが、その時にお世話…