読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

開・合・枢理論(3)・・・足の三陰の機能面から

足三陰は、一源三岐理論の任脈をその長とし、任脈の機能を足三陰に分けて認識したのが開・合・枢理論である。 開である足太陰は、水穀の精微を全身に巡らせるので、気血生化の源である。 合である足厥陰は、血を蔵し必要に応じて疏泄作用を発揮する。 枢であ…

開・合・枢理論(2)・・・足の三陽の機能面から

原文を通読するとわかるように、この開・合・枢理論は、足の三陰・三陽について述べられてはいるが、手の三陰・三陽には触れられていない。 一源三岐理論と重ねてみると、足の三陰三陽と一源三岐理論は、腎の陰陽の基本的機能が足の三陰・三陽でどのように展…

開・合・枢理論について(1)・・・広明と太衝の指し示すもの

開・合・枢理論について ・・・ 広明と太衝の指し示すもの 人体を空間的に認識する方法として、三部九候論とはまた異なった視点を提供しているのが、<素問・陰陽離合論>に記されている「開・合・枢」理論である。 それに先立ちて、<素問・陰陽離合論>の文…

一源三岐について(3)・・・衝脈

いよいよ一源三岐論も、いよいよ最後の衝脉に入ってきました。 まず文献を一読して注目すべきは、衝脉の特徴を「五臓六腑の海」「十二経の海」「血海」と表現し、五臓六腑のすべては、この衝脉から気血を受けて機能しているのだと述べている点です。 < 夫衝…

一源三岐について(2)・・・督脈

督脈については、以下の3文献の中で<素問・骨空論>の記載は複雑ではあるが、臨床的には非常に示唆的である。 ここで注目していただきたいのは、督脈が目の内眥から起こって走行している部位が、まさに足太陽そのものであるという点である。 さらに少腹か…

一源三岐について(1)・・・任脈

一源三岐説は王叔和(おうしゅくか・3世紀)によって立てられた説であるが、臨床学の基礎概念として重要であるため、順を追ってまとめてみたい。 一源三岐の一源とは、腎の陰陽の気のことであり、三岐とは任・督・衝脉を指している。 つまり腎の臓から十二…

8/8 養生講座「呼吸瞑想」

8月8日土曜の午後、ゴジラが現れるのではないかと思われるほどの、激しい雷雨。 動きが取れないと、連絡があり欠席された方もいらっしゃいましたが、呼吸瞑想会は通常通り行いました。 身体というのは、意識でコントロールされているため、身体本来の自然な…

瞑想するということ(3)

瞑想を通じて、自分の感情や浮かんでくるイメージの中に素直に入っていくと、自我意識の根底には、不安と恐れが存在することが自覚できる。 この不安と恐れは、自分が世界から分離された状態‐孤独として意識されることから生じる。 瞑想を通じて自分自身と向…

5/9 養生講座活動報告

毎回、ただ坐って呼吸する。 この講座では個人的な体験に重きを置いていますので、予断にならないよう、あまり言葉を用いず、坐り方と呼吸の仕方だけを簡単に説明しています。 今回に限っては、「思考」について少しだけ簡単にお話をさせて頂きました。 思考…

4月25日 養生講座活動報告

永松先生の気を意識した体の使いかた。この講座では「力を抜く、腹式呼吸、臍下丹田に意識をおく」これらを反復して行っています。今回は木刀を使って丹田に意識をおいて構えるという練習を行いました。なるほど、道具を持って行うと違いがよく分かります。…

瞑想するということ(2)

自宅近くの花壇にて 自分と思っている自我は、本来存在しないものである。 自我というものは、この世に生れ落ちた環境の観念を、自らのものとするところから始まる。 生れ落ちた土地の気、周囲が使っている言語やニュアンス、特定の社会のルールーや観念をは…

瞑想するということ(1)

雨天の晴れ間にて 於:近隣の桜並木にて 自我の持つ性質のひとつに、分別・判断するということがあげられる。 自分は正しい・間違っている、社会的評価の上下、経済的な多寡、認められる・認められない・・・など。 どれだけ謙虚にしていても、自我は巧妙に…

立ちはだかる壁

於:多治速比売神社 梅林にて 子供のころ、あんなに大きく感じて渡ることができなかった川が、大人になってみると、たわいもない小川にみえる・・・ そんな経験、皆様にもきっとあると思います。 あんなに大きく感じていた父親の背中が、ある日突然小さく見…

体験に止揚する

みなさん、アメリカの大統領をご存知でしょうか。日本の、総理大臣は? ほとんどの方が、オバマ氏、安部氏と即答されるでしょう。 では、実際に会ってその人物に触れて、知っていると言っていますか? 正確には、マスコミを通じて知っていると言うことですよ…

呼吸と元気(2) 後天の元気―天地の気の特徴

東洋では、物事を陰陽で認識しようという考え方があります。 例をいくつか上げますので、イメージするのに用いて下さい。 陽 : 天 上 気 形が無い 不可視的 動きが速い 外側 熱 燃やす 陰 : 地 下 血 形が有る 可視的 動きが遅い 内側 冷 燃料 下の図―1の…

呼吸と元気(1)・・・元気とは

元気とは精神的にも肉体的にも、充実感にあふれている状態を指して言います。 決して、病院で検査してどこにも異常が無いという状態ではありません。検査で異常が無くても、見るからに病的で元気の無い人を見かけませんでしょうか。 東洋医学的には、元気の…

呼吸瞑想会のいきさつ(2)

数年間、「いおり健康教室」で、呼吸法を行っているうちに、意識的に呼吸をしようと思っても、息がスムーズに入ってこないと訴える方を多く目にするようになってきました。 これもまた、さまざまな理由と原因があるのですが、共通していることは、緊張が解け…

呼吸瞑想会のいきさつ(1)

呼吸瞑想会を始めようと思い立ったきっかけは、来院される方の呼吸がとても浅い方が多かったことによります。 呼吸が浅いと、疲れやすくなるだけでなく具体的に病を生じます。 深くゆったりとした呼吸は、健康を回復するには必須の事柄です。 呼吸は、気の動…

プロの鍼

東洋医学と民間療法の、違いはなにか。 ひとつには、論理性の有無。 もうひとつには、症状に対する認識が異なる点にあります。 まずもってお断りしておきますが、民間療法が劣っているということではありません。 今の時代のように、誰でもが気軽に医療を受…

呼吸について

淀川河川敷公園の長い堤防 夕陽を背にして、寒風の中をジョギング 陽が落ちるに従って、東の空に次第に白く、その姿を現わしてきた満月 すでに存在していても、見えないもの 呼吸もそのひとつ 何かに夢中になっている時は、その存在を忘れていてもしっかりと…

失われたもの

前回ブログでは、関係性に光を当て、時には原点に立ち帰って見つめることの大切さを説きました。 原点に立ち帰るとは、旅の途上で我に帰り、現在地を確認することです。 時代を経るに従って、人間を取り巻く関係性は、非常に複雑で広範囲となっています。 20…

鍼術につながる!

11月29日(土)に行われました、永松周二先生による「一の会 養生講座」 『 一の会 東洋医学講座 』にご参加頂いてる、治療家の先生方にも是非ともお伝えしたいとの目的で、筆者が感得したことをお伝えいたします。 鍼術に応用すると、素晴らしい術にな…

呼吸瞑想会

いつもあなたを動かしているもの。あなたの心が、あなたを動かします。 心を手にとって見ることが、できるでしょうか。 心の広さや深さを測って、人と比べることができるでしょうか。 心の動きを、反応を、自分で制御することができるでしょうか。 心は無形…

それ、人にあらざれば・・・

この医学に携わろうと思うものは、志と覚悟がもっとも大切であることは、これまでに十分述べてきた。 ここがしっかりとしていないと、せっかくの努力が藻屑となってしまうとも限らないからです。 講座にご参加頂いている諸先生方は、貴重な休日を費やして頂…

関係性に光を当てる

前回ブログ「天道に適う」で書きましたように、養生においては、「行動だけではなく、心や気持ちもまた『和する』ことが大切」と述べました。 天道には、善や悪は存在しません。 ましてジャッジすることも、されることもありません。 ただ、覚えておかなくて…

天道に適う

前回ブログでは、養生の基本は、『和する』ということであると、お伝えしました。 大きくは、一年の四季の変化に適うように生活をする。 これは、行動だけではなく、心や気持ちもまた『和する』ことが大切です。 古典には、 「 精神的には気を静め、何かしな…

覚悟の程度は如何

ものごとを為すには、志が大事であるとのことは、すでに前回10月30日ブログ、『鍼で身を立てるには』で述べたところです。 この医学に関わらず何事においても、志をとげようとすれば、必ず困難に直面する。 経済的・時間的・体力的・忍耐的に、時に限界…

年内開催予定

養生法というのは読んで字の如く、人それぞれが個性を発揮して、健康で人生を全うするために、いかに生を養っていくかに焦点を当てたものです。 年内の開催講座の予定を、お知らせいたします。 現代は、何事も速度や展開がめまぐるしく移り変わり、つい自分…

養生の基本-和する

自然との調和 人との調和 自分との調和 気が流れれば 病は消え 生きる喜び やって来る この標語は、筆者の治療所、いおり鍼灸院のロゴと共に掲げているものです。 すべての養生法に共通するのは、『和する』 ということ。 では、『和する』とはいったい、ど…

鍼で身を立てるには

現代日本の医療事情の中で、鍼灸専科、鍼一本で身を立てるのは、かなりハードルの高いことである。 鍼だけで身を立てているものは、おそらく鍼灸師1000人に1人くらいだという話もある。 このような厳しい社会情勢の中で身を立てるには、何が最も大事である…

養生の基本・・・自然に寄り添うとは

東洋医学には、さまざまな養生法があります。 筆者が行っている鍼灸術は、黄帝内経(こうていだいけい)をその出発点にしています。 むろん、未病治をもっとも重視しているので、人々が行うべき養生法も記されています。 その中心は、天人合一思想です。 そ…

一源三岐の応用 於鍼灸師のためのセミナー

10月26日、大阪医療技術学園専門学校で行いました「鍼灸師のためのセミナー」の公開臨床の様子の一端をご紹介いたします。 たまたまモデルになって頂いた方が、一源三岐の理論応用にぴったりでした。 一源三岐の一源は、腎の陰陽の気。 三岐は、任脈・督脈・…

鍼灸医学の社会的評価

教員養成科での授業中に、ある学生から心に届く発言がありました。『先生のお話をうかがっていると、西洋医学は劣っていて東洋医学が優れているというようにと、聞こえるのですが』 というものでした。 しばらく、授業を中断して自分と向き合った。 確かに、…

プロとアマ、一流と二流の違い

太極から申しましょう。 プロとアマの違いは、継続時間にあります。 プロは、それを職業としている訳ですから、毎日毎日朝から晩までそれをやり続けている訳です。 好きこそ物の上手なれ。 確かに、アマであってもプロ顔負けの人はおられます。アマからプロ…

東洋医学は、あらゆる病に対処できるだけでなく、『未病の医学』としての理念をもっとも重要視致します。 古来より、健康で人生を全うしたいとの願いは、時代を超えた人々の切なる願いです。 時代や世相がどんなに変化しても、健康に生きる秘訣は、変わるこ…