ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

開・合・枢理論

開・合・枢理論(3)・・・足の三陰の機能面から

足三陰は、一源三岐理論の任脈をその長とし、任脈の機能を足三陰に分けて認識したのが開・合・枢理論である。 開である足太陰は、水穀の精微を全身に巡らせるので、気血生化の源である。 合である足厥陰は、血を蔵し必要に応じて疏泄作用を発揮する。 枢であ…

開・合・枢理論(2)・・・足の三陽の機能面から

原文を通読するとわかるように、この開・合・枢理論は、足の三陰・三陽について述べられてはいるが、手の三陰・三陽には触れられていない。 一源三岐理論と重ねてみると、足の三陰三陽と一源三岐理論は、腎の陰陽の基本的機能が足の三陰・三陽でどのように展…

開・合・枢理論について(1)・・・広明と太衝の指し示すもの

開・合・枢理論について ・・・ 広明と太衝の指し示すもの 人体を空間的に認識する方法として、三部九候論とはまた異なった視点を提供しているのが、<素問・陰陽離合論>に記されている「開・合・枢」理論である。 それに先立ちて、<素問・陰陽離合論>の文…