読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

一源三岐の応用 於鍼灸師のためのセミナー

筆者 : 金澤秀光 活動報告
 10月26日、大阪医療技術学園専門学校で行いました「鍼灸師のためのセミナー」の公開臨床の様子の一端をご紹介いたします。

 たまたまモデルになって頂いた方が、一源三岐の理論応用にぴったりでした。



 一源三岐の一源は、腎の陰陽の気。

 三岐は、任脈・督脈・衝脉。

 この腎の陰陽を制御しているのは、上焦・天位の心神と肺魄。

 これを証明するため、手太陽小腸経の右後溪穴を使用。

 二番 短鍼 用瀉法 刺入深度 切皮

 足太陽膀胱経の腎兪穴から大膓兪穴にかけての、広範囲の虚が誰の目にも回復したのを確認してもらえました。



 
 実際にモデルに触れて、確認して頂いた方は三名。

 下の写真は、確認者の手の状態を確認しているところ。




 患者へのアプローチの仕方、手の当て方など、繊細な工夫が必要です。

 患者の身体は、触れるだけで良くも悪くも変化するので、それ以前に、自分の手を作ることが大切です。

 次回は12月14日(日)

 詳しくは会場となる学校の下記ホームページで。

 http://www.ocmt.ac.jp/taiken/sinkyu_seminar