ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

一般公開動画 「学ぶということ」


2015年度 『一の会・東洋医学基礎講座』より

学ぶということ




 古典を背景とした『一の会』も、2016年度で3期目を迎えました。

 これを記念して、昨年度基礎講座の冒頭、金澤の講義を公開しました。

 意欲的に学んでおられる多くの有資格者、これから鍼道に志そうとする方に、是非ともご覧頂いて、これからの歩みの資にして頂けることを望んでいます。

 この業界以外の方にも、必ず役立つものと信じています。


 


 ところで、私たちは、いったい何のために学ぼうとするのでしょうか?


 人間には本来、自然環境に働きかけ、創造しようとする欲求を持ち合わせています。

 創造は、心の中のイメージ・想像からスタートします。

 そのため、自然環境を認識する必要性が生じるのですが、その際重要なことは「言葉」です。

 言葉は、概念を生みます。それによって人間は初めて対象を認識することができるのです。

 ところが、一度概念が出来上がると、それが観念となり概念の枠の中でしか認識できなくなる危険性・狭小さもまた生まれます。

 古典に触れる際には、このことを十分に承知している必要があります。

 今期の『一の会』では、古典を踏まえたうえで、歴代の医家に異を唱え始めています。

 特に現在、金澤の意識の焦点が当たっているのが『補瀉概念』です。

 補瀉という単純な概念が、「気が流れる人体」に対して具体的に鍼を用いて、どのように働きかけるのか。

 いずれ公開いたしますので、お楽しみに!
 

 YouTube動画  「学ぶということ」 , For iphone 「学ぶということ」



 一の会