ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

鍼で身を立てるには


 現代日本の医療事情の中で、鍼灸専科、鍼一本で身を立てるのは、かなりハードルの高いことである。

 鍼だけで身を立てているものは、おそらく鍼灸師1000人に1人くらいだという話もある。

 このような厳しい社会情勢の中で身を立てるには、何が最も大事であるか。

どのようなことがあっても、曲がらない、折れない、屈しない、志が必要である。



 発心は、世のため、人のためなどと、うそくさい立派なきれいごとなどでなくてよい。

 先ずは自分の身を立てる。自分の身を立てるために、人に立ってもらう。

 このくらい利己的であるのが、正直で良い。



 真摯に鍼道を追求していれば、自ずと自他の区別がなくなるものだ。

 生死ギリギリの患者と対峙すれば、すぐに体感できること。

 患者が楽になると、どれだけ自分が楽になるか。



 鍼を行うものは、安易な道を採らないことも大切なことだ。

 揉んだり、さすったり、電気を用いたり、整体術を併用したりと、治療に際しては鍼以外のことをしないこと。

 なにもそれらが悪いわけではない。現に東洋医学には、按摩術として存在している。



 患者が良くなるためには、どのような方法・手段をとってもかまわないという意見もあるだろう。

 もちろん、その気持ちは理解できる。

 
 しかしそれは、空手の試合に、棒を持ち出してくるようなものだ。

 勝つには勝っても、腕前が上がるかどうかを考えてみれば明らかだろう。

  患者が気持ち良くなれば良い、勝てば良いという目先に走っていては、空手の腕など上がろうはずがない。

 棒を持ち出して戦うのなら、杖術家として戦うのが、本筋と言うものではないだろうか。


 鍼の腕を上げたいと望むなら、まずは鍼だけで病に対峙するという気構えが必要だ。

  
  特に初学者は、あれもこれもと手を染めないことだ。