ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

養生の基本・・・自然に寄り添うとは




 東洋医学には、さまざまな養生法があります。

 筆者が行っている鍼灸術は、黄帝内経(こうていだいけい)をその出発点にしています。

 むろん、未病治をもっとも重視しているので、人々が行うべき養生法も記されています。

 その中心は、天人合一思想です。

 それを一言で表せば、心も身体も自然に寄り添うように生きなさいということです。


 昨今、自然という言葉があまりにも安易に使われています。

 自然素材、自然食品、自然派化粧品、自然派志向・・・etc


 
 江戸期の医師でもあり哲人でもあった、安藤昌益(あんどうしょうえき 1703年‐1762年)は、自然を「ひとり、する」と読んでいます。

 「ひとりする」ものとはいったい何なのでしょう。


 朝になれば太陽が昇り、天地に陽気が次第に満ち、夕方になると陽気は潜み始め陰気が夜の帳を引く。

 人間の都合に関係なく、太陽は昇り、また沈んで行く。


 個人の意志の都合に関係なく、身体は朝目覚め、夜は眠る様になっている。


 こんな当たり前のことが、自然に寄り添って生きるということです。


 現代では益々、このような自然法則から外れて行ってます。


 ここに、現代病の根があるのです。


 自然に寄り添って生きる。


 深く味わい、我が身を振り返る重要な視点です。


 ( 筆者 : 金澤秀光 )