ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

養生の基本-和する

 自然との調和


 人との調和


 自分との調和


 気が流れれば 病は消え


 生きる喜び やって来る




 この標語は、筆者の治療所、いおり鍼灸院のロゴと共に掲げているものです。


 すべての養生法に共通するのは、『和する』 ということ。 


 では、『和する』とはいったい、どういうことなのでしょうか。


 『和』 のイメージを図で表現すれば、円になります。

 この円は、常に流れ、動いています。


 


 
養生の基本は、自然との調和。四季に適った生活。


 自然界の気は、常に流れ、動き、変化していています。

 人間もまた同様に、生きている間は、気が流れ変化しています。


 自然界に暑気が満ちていると、人間は肌表を開いて汗を発して陽気を漏らす。

 自然界に寒気が満ちていると、人間は肌表を閉じて陽気を保持する。



 暑い時には、暑いように。

 寒い時には、寒いように過ごす。


 暑さを避けて、涼をとる。
 
 寒さを避けて、暖をとる。

 これが自然に『和する』、調和するということ。



 翻って現代では、クーラーや暖房機を使って、夏に冬の環境を作り、冬に夏の環境を作る。

 冷房の効いた部屋で薄着になって、極端に熱い物や冷たいものを飲み食いする。

 暖房の効いた部屋で炬燵に入り、アイスやビールを飲む。

 こうやって人は自然に反して消費し、環境は汚れていく。

 人もまた同様に、これでは病にならないのが、不思議である。


 ( 筆者 : 金澤秀光 )