読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

閑話 - 漢方は毒?(1)

閑話 筆者 : 金澤秀光

f:id:ichinokai-kanazawa:20170220163840j:plain山茶花

 本日より、Hatena Blog に引っ越して参りました。

 少々勝手が違うので戸惑い気味ですが、まあ、その内に慣れますでしょう。

 前回、「鍼は危険・有害」だからこそ効くのだと申し上げました。

  ↓

 『鍼ってなぜ効くの?』

 

 今回も少々過激な表題ですが、いわゆる漢方についても書いてみたいと思います。

 漢方は本来、湯液(とうえき)と称されていまして、漢方というのは幕末に盛んとなった蘭方(オランダ医学)に対する呼称として作られたものなんです。

 ですから中国に旅行して、「漢方薬下さい」って言っても、通じないんですよね。

 

 さてさてその漢方薬ですが、黄帝内経などの古典には、はっきりと毒薬と記されているんですよ、これが。

 

 漢方って副作用が無い、ってことおっしゃる方もおられますが、副作用が無いということは、作用もないということになりますよね。これ、簡単な物理ですよね。

                              つづく・・・

 

f:id:ichinokai-kanazawa:20170220170119j:plain