ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

江見先生 望診セミナー

「鍼道 一の会」事務局スタッフの大上です。

 

活動報告が続きます(*^^*)

専門学校 大阪医専

先日、3/12に【専門学校 大阪医専】において、こちらの教員であり「鍼道 一の会」メンバーでもあります 江見木綿子先生が、卒業生&在校生対象のセミナーをされるということで!

 

また、稻垣学術部長がサポートに入るということで、

 

入室許可をお願いしたところ、、快く許可していただきました!

 

 

初めてお邪魔する 大阪医専 の施設の立派さに、まずビックリ‼️

 

そして、セミナーに参加されていた皆さんの礼儀正しさとマナーの良さに、感動!

 

(*^^*) 素晴らしい学校だと感じました。

 

大阪医専・セミナー風景

本日の江見先生のテーマは「望診(舌診を含む)」

 

まず初めに、全体的に診るべきポイント、そして顔の どの部分に どんな色が出ていると、どのような状態が考えられるのか?といった説明の後、

 

参加者の皆さんそれぞれにアンケート形式の問診があり、

 

二人一組となって実技を開始。

江見木綿子先生・実技風景

江見先生と稻垣先生がそれぞれのベッドを回り、指導されました。

稻垣順也先生・実技風景

 

舌診・実技風景

「望診・舌診による診立てと、実際の症状が合わない場合は どのように考えればよいか?」

 

そういった疑問・質問にも丁寧に対応しながら実技が進められ、

 

最後は、舌の状態に古い病(発症後、比較的長期間経過したもの)新しい病(最近発症したもの)の両方が現れている方をモデルに、稻垣先生による解説が行われました。

大阪医専・セミナー風景

ここで注意することとして、長時間 舌を出し続けていると、その色が変わってしまう方がおられると。そのため、適宜休憩を取りながら、皆さんで確認されました。

 

 

1時間という短い時間の中で、臨床において大切なことが凝縮されたセミナーだったと感じます。

 

入室・撮影を快諾してくださいました参加者の皆様、並びに教職員の皆様に、心より感謝申し上げます。

 

ありがとうございました!

 

 

www.iori-hermitage.jp