ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

5.太陽病(上)2・3条 中風と傷寒症状の意味

 まだまだ、2条と3条にこだわって書き進めます。

 2条太陽中風証には、悪風とあります。

 悪風とは一体、具体的にどのような状態なのでしょうか。

 肌表=毛穴は開いていて自汗しています。

 風邪を嫌う=汗と共に正気が出ていく・散じてしまうことを恐れる感覚です。

 ですので衣服を着こんだり、布団に入って温かくしていると治まるのが悪風です。

 ここは、問診でも確認できます。

 一方3条太陽傷寒は悪寒と記載されています。

 肌表=毛穴は閉じていて寒邪が居座っている状態です。

 ですから衣服を着ようが温かくしていようが、ゾクゾクとした寒い感覚が続きます。

 そして太陽傷寒には、体痛と嘔逆が現れています。

 比較的浅いところであっても、強烈な邪気がうっ滞すると、局所的な気滞が全身に及びます。

 インフルエンザなどに現れる、関節などの節々が痛んだり、軽い筋肉痛のようなものがこれに相当します。

 嘔逆に関しては、太陽表証病位では、あまり臨床で経験したことがありませんが、稻垣先生は悪心が現れる例を体験されたそうです。

 病理は、正気が一気に上焦に赴くため、胃の和降作用に作用して現れると考えます。

 よほど正気に比して邪気の勢いが強くないと、胃の気に影響を与えることは少ないのではないかと個人的には考えています。

 もし、臨床で吐き気や気分の悪さを訴えたら、まず少陽病位に落ちたか、裏証に伝変したのではないかと疑います。

 その際には、まだここで述べていませんが、半表半裏の少陽病とその他裏証の正証をあらかじめ知っておく必要があります。

 これから出てきますので、追々学んで参りましょう。

 2条と3条は、これで終了です。

【一条】

太陽之為病、脉浮、頭項強痛而惡寒。

太陽の病為(た)るや、脉浮、頭項強痛して惡寒す。

【二条】

太陽病、發熱、汗出、惡風、脉緩者、名為中風。

太陽病、發熱(ほつねつ)、汗出で、惡風し、脉緩(かん)なる者は、名づけて中風と為(な)す。 

【三条】

太陽病、或已發熱、或未發熱、必惡寒、體痛、嘔逆、脉陰陽倶緊者、名為傷寒。

太陽病、或いは已(すで)に發熱し、或いは未(いまだ)發熱せずとも、必ず惡寒し、體痛(たいつう)、嘔逆(おうぎゃく)、脉陰陽倶(とも)に緊なる者は、名づけて傷寒と為す。

 

『鍼道 一の会』は、常時入会を受け付けております。

 興味が湧いた、面白そう、ピン!と来た方、どうぞお問い合わせください。

 お問い合わせは

 『鍼道 一の会』 事務局 大上(おおがみ)まで

  詳細はこちらへ↓