ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

83.太陽病(中)118~122条 桂枝甘草龍骨牡蛎湯

【一一八条】

火逆下之、因燒鍼煩躁者、桂枝甘草龍骨牡蠣湯主之。方六十二。

火逆之を下し、燒鍼(しょうしん)に因りて煩躁(はんそう)する者は、桂枝甘草龍骨牡蠣湯(けいしかんぞうりゅうこつぼれいとう)之を主る。方六十二。

  この条文の解釈は、古来より諸説あります。

 火逆、下し、焼鍼という三つの手段を施したという説。

 焼鍼は、火逆の結果だという説。

 火逆と焼鍼を施すのに、なぜ下法をかける証が存在したのか。下法をかけた文は錯簡という説。

 どれもどうも、しっくりとこないので配剤からの理解だけに致します。

 桂枝甘草龍骨牡蛎湯は、桂枝甘草湯に竜骨・牡蛎を加えたものです。

 少し復習です。P68 64条 桂枝甘草湯証

發汗過多、其人叉手自冒心、心下悸欲得按者、桂枝甘草湯主之。

發汗過多、其の人叉手(さしゅ)して自ら心を冒(おお)い、心下悸(き)し按を得んと欲する者は、桂枝甘草湯之を主る。

 発汗過多により、表衛が虚して下から気が衝き上がり、心下で鬱している状態でした。

 この状態に、煩躁が現れているのですから、心下・胸部のうっ滞が激しいことが分かります。

 虚の煩躁です。

 この煩躁ですが、P79 107条 柴胡加竜骨牡蠣湯の「煩驚」

 P81 112条 桂枝去芍薬加蜀漆龍骨牡蛎湯の「驚狂」と程度の差か、もしくは類似しているかもしれません。

 竜骨は臍下の動を治し、牡蛎は胸腹の動を主冶するとされているからです。

 ですから、桂枝加龍骨牡蛎湯は、気が上衝して心熱となり、精神不安などが現れる証に用いることが出来ますね。

 鍼を用いるのでしたら、表の衛気を補い、下焦を固めるといった感じでしょうか。

 その時々の患者の状態によって、鍼の処方は一律という訳にはいきません。

 上衝してきた気を上に逃がしてやることなども、想定しても良いと思います。

 119条から122条は、例によって原文と読み下し文のみ記載しておきます。

〔桂枝甘草龍骨牡蠣湯方〕

桂枝(一兩去皮) 甘草(二兩炙) 牡蠣(二兩熬) 龍骨(二兩)

右四味、以水五升、煮取二升半、去滓、温服八合、日三服。

桂枝(一兩皮を去る) 甘草(二兩炙る) 牡蠣(二兩熬る) 龍骨(二兩)

右四味、水五升を以て、煮て二升半を取り、滓を去り、八合を温服し、日に三服す。

【一一九条】

太陽傷寒者、加温鍼必驚也。

太陽の傷寒なる者は、温鍼を加うれば必ず驚(きょう)するなり。

 

【一二〇条】

太陽病、當惡寒、發熱、今自汗出、反不惡寒、發熱、關上脉細數者、以醫吐之過也。一二日吐之者、腹中飢、口不能食。三四日吐之者、不喜糜粥、欲食冷食、朝食暮吐、以醫吐之所致也、此為小逆。

太陽病、當に惡寒、發熱すべし。今自汗出でて、反って惡寒、發熱せず。關上の脉細數の者は、醫(い)之を吐すること過(あやま)るを以てなり。一、二日之を吐する者は、腹中飢え、口食すること能わず。三、四日之を吐する者は、糜粥(びしゅく)を喜(この)まず、冷食を食せんと欲っし、朝に食して暮に吐す。醫之を吐する以て致す所なり。此を小逆と為す。

 

【一二一条】

太陽病吐之、但太陽病當惡寒、今反不惡寒、不欲近衣、此為吐之内煩也。

太陽病之を吐す、但だ太陽病は當に惡寒すべし。今反って惡寒せず、衣を近づけることを欲せず。此(こ)れ之(これ)を吐して内煩(ないはん)為(な)すなり。

 

【一二二条】

病人脉數。數為熱、當消穀引食。而反吐者、此以發汗、令陽氣微、膈氣、脉乃數也。數為客熱、不能消穀。以胃中冷、故吐也。

病人、脉數(さく)なり。數は熱と為す、當に穀(こく)を消し食を引くべし。而(しか)るに反って吐する者は、此れ汗を發するを以て、陽氣をして微(び)ならしめ、膈氣(かくき)虛し、脉は乃ち數也。數は客熱(きゃくねつ)と為し、穀を消すことを能わず。胃中虛冷(きょれい)するを以ての故に吐するなり。