ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

活動報告ー7月 臨床医学講座

 猛暑が続いていますね。

 7月23日は、二十四節気では一年中で最も暑い頃とされている「大暑」でした。

 先日7月22日の「鍼道 一の会」東洋臨床医学講座も、暑いというより「熱い」がぴったりくるような気候の中、開催させていただきました。

 大阪・南森町にあります大阪医療技術学園専門学校の教室をお借りしての臨床医学講座レポートです。

  暑さを吹き飛ばすような気合で、今月も参ります!

 

 まずは稻垣座長から、本日の講座内容の流れを説明。

 その中で、前回の臨床医学講座でハル&ゼッキーこと、健志堂の尾関先生と古賀先生に講義して頂いた「ペップトーク」の骨子について触れています。

 動画は、約6分です。

 

 すでにお伝えいたしましたように、『鍼道 一の会』の今年のテーマは、 

 「祝由」

 「移精変気」

 「言霊」  です。

 

 そしてこのペップトーク。『鍼道 一の会』では、筆者をはじめとしまして、ちょっとしたブームとなっております。

  

 今回は、フィジカルヴァンガード、藤田実優先生によるペップトークをご紹介します。       

 藤田先生によるペップトーク動画。(約6分30秒)

 

 

 藤田先生からのエールを受けて、緊張しながらも、まるで挑戦者のような静かな闘志を感じさせる永濱先生にバトンタッチ。

 今回は、脈診以外の切診(腹診・背診・原穴診)について。

 なかなか脈診のようなはっきりしたマニュアルがない分野にもかかわらず、体当たりで挑んでくださいました永濱先生。

 ご自身がこれまで学んできた中で印象に残っていることを、いつもの愛らしい(?)口調で語って下さいました。

    f:id:ichinokai-kanazawa:20180723175157j:plain

 

 そしてお昼の休憩をはさみまして、永松先生による身体学。

 今回は、永松流の呼吸瞑想です。どのように自分の意識を拡げていくのかを説明してくださいました。

   f:id:ichinokai-kanazawa:20180723175418j:plain

 そして六字訣の中のひとつを使って、実際に応用してみました。

f:id:ichinokai-kanazawa:20180723175720j:plainf:id:ichinokai-kanazawa:20180723175705j:plain

f:id:ichinokai-kanazawa:20180723175935j:plainf:id:ichinokai-kanazawa:20180723175926j:plain

 

 身体学で気を整えた後、実技に入ります。

 今回は腹診・背診・原穴診です。

f:id:ichinokai-kanazawa:20180723180207j:plainf:id:ichinokai-kanazawa:20180723180227j:plain

f:id:ichinokai-kanazawa:20180723180243j:plainf:id:ichinokai-kanazawa:20180723180301j:plain

 立ち位置や手の持って行き方、触れ方、みなさまもれなく上達されています。

 これは何といっても身体学の成果だと、筆者はひとり合点しております!

 

 そして最後は、きっちりと稻垣座長が締めてくれました。

 今回も、非常に有意義な内容となったのではないでしょうか。

 以下の動画は、稻垣座長による、本日のまとめと今後の方針および予定です。(約7分)

 

  本日も、暑い中お集まりいただきました皆様、お疲れさまでした!

 そして会場をお貸しくださいました大阪医療技術学園専門学校の関係者の皆様、本日もありがとうございました。

 

 

 次回『鍼道 一の会』東洋基礎医学講座は8月5日、臨床医学講座は8月26日です。

 

 『鍼道 一の会』は、自由自在に気を扱える、高度なプロ鍼灸師を目指す集団です。

 ご興味のある方は是非、『場の気』を感じにお越しください。

  『鍼道 一の会』についてのお問い合わせは、事務局 大上(おおがみ)まで

  詳細はこちらへ↓