ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

活動報告ー10月基礎医学講座

果物やお米が美味しそうな季節ですね🌾

収斂の時期ですが、あれもこれもしたい・食べたいとワクワクする気持ちでいっぱいです。

少し押さえ込まれる方が、活動的な衝動に駆られるのかもしれません。

 

「鍼道 一の会」東洋医学講座で講師をさせていただいています、江見です。

今回、10月14日に開催されました「鍼道一の会」東洋基礎医学講座のレポートをさせていただきます。

 

まず始まりは、永松先生の易学です。

八卦のイメージ(象)を膨らませる練習です。

 

全体の流れを読みつつ、八卦それぞれの立場や役割を考えていると

日常生活の人間関係や、将来の展望・願望などが読み取れて、整理出来るような気がします。


学んだことは 日々活用できてこそなので、まだまだトレーニングが必要な分野です。

 

f:id:emi-shinkyu:20181015120306j:image

 

 

2つ目の授業は、臓象学

私、江見が担当させていただいています。

 


臓象もイメージ(象)が大切です。

現象の象でもあります。

見えない身体の中を見るので、それぞれの臓器の働き(現象)をシンプルに掴むことが大切です。

 


10月のテーマは「肝・胆」

 


肝と胆はこんな形をしています。

f:id:yinandyang1008:20181018114740j:plain

 

この臓腑が動いているところや

身体にどのように働きかけているかなど、映像でイメージをするのがとても楽しいです。

 

来月からは、全体から見たそれぞれの臓腑の役割を、まとめていけたらと思います。

 

f:id:emi-shinkyu:20181015120323j:image

 

 

お昼をはさんで、午後の最初は永松先生の「六字訣」で身体を動かします。

今回は座ったまま、呼吸で身体の中が動くように意識してみます。

 

f:id:emi-shinkyu:20181016163957j:image

 

f:id:emi-shinkyu:20181016164009j:image

 


発音(発声)するときに息の当たるところを教えていただきました。

中国語の発音は耳慣れないですが、ポイントが分かれば意外に簡単です。

f:id:yinandyang1008:20181018114807j:plain

 

 

続いては「経絡学」

江見と新妻先生とで進めています。

今年度は『みんなで流注の漢文を読んでみよう』というのを ひとつのテーマとして取り組んでいます。

今回の肝経と胆経で最後なので、かなり皆さん読めるようになっています。

 

f:id:emi-shinkyu:20181017133324j:image

 

漢字一文字に表される世界観。またその意味の解釈の仕方など、漢文をそのまま読むことで広がりが生まれると感じています。

 

そして座学の最後は  稻垣先生の「一の会式・東医理論」です。

 

前回の続きで、五臓の心と肺のお話からでしたが、

肺が主るとされる「憂」という感情の話から、「涙活」の話まで。

 

「怒り」と「悲しみ」はよく似た働きがあるということで、

その感情が湧いた時、私の身体はどんな反応をしているかな?

と自分のことを思い出しながら聞いていました。

 

f:id:emi-shinkyu:20181015120438j:image

 

 

f:id:emi-shinkyu:20181015120444j:image

 

 

本日の最後は「身体学」です。

身体の気の動きを掴むため、自分の身体を使ったり、

相手の手を取って触れたりすることで感覚を学びます。

 

こちらからの触れ方を変えるだけで、相手の身体の力が抜けたりします。

皆さんいろいろ体験して楽しそうです。

 

f:id:emi-shinkyu:20181015120516j:image

 

 

f:id:emi-shinkyu:20181015120523j:image

 

皆さんお疲れさまでした!

 

 

 次回、『鍼道 一の会』東洋臨床医学講座は10月28日(日)です。

(大阪・南森町の大阪医療技術学園専門学校実技室をお借りして、開催させていただきます。)

 

 『鍼道 一の会』は、随時入会を受け付けております。

 興味が湧いた、面白そう、ピン!と来た方、どうぞお問い合わせください。

 お問い合わせは

 『鍼道 一の会』 事務局 大上(おおがみ)まで

  詳細はこちらへ↓