ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。(当ブログ内の一切の著作権は一の会に在ります。流用される方はご一報ください。)

筆者:川村淳子

四季と人体(5) 五節句ー弥生の節句

今回は3月3日、弥生の節句について川村淳子先生が、内経医学の自然と人間との関りという視点から講義してくださいました。 3月3日といえば、女の子のお祭り・ひな祭りがピンと来られる方も多いと思います。 元々は紀元前300年頃、中国で行われていた…

四季と人体(4)五節句ー人日

我々が内経医学に触れる際には、当時の人の目に世界がどのように映っていたのだろうと思いを馳せながら学び進めるのが、個人的意見ですが順当であるように思います。 古代人は自然の移ろいに寄り添うように生きていました。 自然界に逆らっては、生きていけ…

四季と人体(3)五節句

今回は五節句と避邪について。 節句は、節供ともいわれ、神と共に食す行事食の意味合いがあるそうです。 神道で神と人が一緒になって自然の気を取り入れる「直会(なおらい)」という行事がそうですね。 人が無病息災で生きていく願いと季節の節目に行う行事…

四季と人体(2)24節気

昔の人は季節の変化をあらかじめ知るために暦を使っていました。 暦の有益な使い方は様々ありますが、我々東洋医学を行っている者にとっても必要不可欠なものです。 季節の移ろいや天気の状態によって体調や病気・症状が様々に変化する方が実際にいらっしゃ…

四季と人体(1)導入

この度、「鍼道 一の会」基礎医学講座の内容の一部を公開いたします。 内経医学は、天人合一・天人相応思想がその基本中の基本でありまして、伝統医学に法ってこの医学を行おうとするに際しては、暦は必須のものとなります。 この暦を元にしてあらかじめ予測…

「疫病について その3」

→ 「疫病について その1」 - ブログ『鍼道 一の会』 → 「疫病について その2」 - ブログ『鍼道 一の会』 の続きです。 シリーズ最後の投稿になります。 ご覧いただきありがとうございました。 おまけ画像。日本江戸末期。 『安政箇労痢流行記』(安政5年刊…

「疫病について その2」

→ 「疫病について その1」 - ブログ『鍼道 一の会』 の続きです。 当時といまは、衛生環境も医療施設も大きく異なります。 しかし、地形や、気候、風土に関しては、変わらない部分もあります。 (武漢も大きな河の合流点にある都市です) 大きなイメージで…

「疫病について その1」

はじめまして。川村と申します。 「疫病」についてのおぼえがきを投稿させていただきます。 年末に課題のためにまとめたもので、コロナに絡めて書いたものではありませんが…。 「伝染病」=「疫病(癘気)」ってなんだろう?むかしのひとはどう捉えていたの…