ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。(当ブログ内の一切の著作権は一の会に在ります。流用される方はご一報ください。)

活動報告ー12月 臨床医学講座

 事務局の大上です(*^^*)

 何と半年ぶりの活動報告です。

 実は今年の6月に、「鍼道 一の会」の活動拠点としておりました「いおり鍼灸院」は、新たに『一の会 鍼灸院』と改称、治療院も移転して再出発いたしました。

 引越に伴う諸々ありまして、しばらくブログをお休みしておりましたが、「鍼道 一の会」は地道にコツコツと活動を続けておりますよ!

 

 12/15は今期第9回目の臨床医学講座。

 いつもの 大阪医療技術学園専門学校 の実技室をお借りして開催いたしました。

 

 今回のお題は、

 「”肝気虚”は存在するのか?~検証してみよう!臓腑弁証全体を見渡そう~」

 

 前回12月8日の基礎医学講座で浮き彫りになった課題に、オチをつけようという試みでした。

 臓腑弁証のイロハから、上級者向けの内容まで、稻垣座長ががっつりとしゃべって下さいました!

 

f:id:yinandyang1008:20191216145531j:plain

 以前の基礎講座で、「目から鱗を落とします!」と宣言したものの失敗に終わった経緯もあり、、座長、かなり気合が入っていました(*^^*)

 

 詳しいことはお伝え出来ませんが、(会員の皆さんはぜひ動画を見てくださいね!)

 眼から鱗落としにはほぼ成功したのではないかな?と、大上は感じました。

 

 そして、広くて深くてややこしい…ように見える東洋医学の世界は、極限まで極めるとまたやさしい『一』にもどってくるのだなぁと、改めて感じたのでした。

 

 ***

 

尾関先生の身体学

午後の身体学 今回は「マインドフルネス」について



 今回は、講義が大いに盛り上がったため、その後の実技は1時間ほどしかとることが出来ませんでしたが、わずかの時間をフルに活用して、皆さん熱心に実技に取り組んでくださいました。 

f:id:yinandyang1008:20191216145642j:plain

 

 最後に、これは何でしょう?↓^^↓

f:id:yinandyang1008:20191216145713j:plain

 

 前回12/8の基礎医学講座、身体学で取り上げた「両眼視」「ビジョントレーニング」のためのツールです(*^^*) ブロックストリングスというそうです。

 ハル&ゼッキー(@健志堂)のハルさんこと古賀晴美先生が、スタッフおよび受講生全員のために手作りしてくださいました!

 すっごく可愛いんです♡ハルさんいつもありがとうございます!

 

 他にも、以前 講師を務めてくださった川越凌太先生(今は広島でご活躍中です)の突然のご来訪があったり、

 愛媛から通ってくださっていた元会員さん(現在、出産・育児のためお休みされています)からの超絶美味しい有機栽培ミカンの差し入れがあったりと、

 

 令和元年締めくくりの講座は、嬉しいことが満載の一日になりました!

 

 受講生の皆さん、ブログ読者のみなさん、今年も一年お世話になりありがとうございました。

 来たるべき年も、さらに充実し、よりよい内容を提供できますよう努めてまいります。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 みなさまどうぞ良いお年を、お迎えくださいね!

 

 最後になりましたが、いつも会場をお貸しくださってます 大阪医療技術学専門学校 関係者の皆様、本日も ありがとうございました。

 

 【次回の基礎医学講座は 令和2年1月12日、臨床医学講座は 1月26日に開催いたします。】

 

 

『鍼道 一の会』は、自由自在に気を扱える、プロの鍼灸治療家を目指す集団です。

 ご興味のある方は是非、『場の気』を感じにお越しください。

  『鍼道 一の会』についてのお問い合わせは、事務局 大上(おおがみ)まで

  詳細はこちらへ↓