ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。

新型コロナウイルス肺炎と中医薬

 
 今や世界中が騒然としてます、コロナウイルスによる肺炎。
 私たちの周りにも、イベントの中止など、じんわりとその影響が及んできてますね。
 各国でその対応が報道される中、やはり中国での中医薬による対応に注目していました。
 そしてやっと昨日、ネットで以下のようなニュースを目にすることが出来ました。
 
 既存の薬と中国医学の伝統薬、新型肺炎に効果あり 専門家
 さすが、中国ですね。
 そのコロナに有効とされてる「清肺排毒湯」の方剤の内容です。
 中国語ですがありました。
 ネットって、すごいですねぇ。
 清肺排毒湯對新冠肺炎具有良好療效。
 病態や症状を想像するために、方剤の中身を見てみることにします。
 (以下、上記ニュースより)
麻黃9g 炙甘草6g 杏仁9g 生石膏15-30g(先煎)  桂枝9g 澤瀉9g 豬苓9g 白朮9g  茯苓15g 柴胡16g 黃芩6g 薑半夏9g  生薑9g 紫菀9g 冬花9g 射干9g  細辛6g 山藥12g 枳實6g 陳皮6g  藿香9g
傳統中藥飲片,水煎服。
 
 筆者にとって見慣れない方薬もあるのですが、ちょっと並び替えて抽出してみますね。
 麻黃 杏仁 生石膏 炙甘草
 これは麻杏甘石湯ですね。
 風熱の邪などの外感病に使いますよね。
 大量の石膏を使ってますので、気分の熱に重点を置いて、麻黄で表の水を動かして杏仁で降ろす。
 主に喘や咳を鎮める方剤ですね。
 
 そして
 桂枝 澤瀉 豬苓 白朮 茯苓 
 これは太陽病・蓄水証の五苓散ですよね。
 これは通陽化気・利水滲湿、つまり水をさばく作用ですね。
 口渇があって、水を飲んでも口渇が治まらず、小便も出ないといったイメージでしょうか。場合によっては、嘔吐もあるかもしれません。
 この麻杏甘石湯の麻黄と、五苓散の桂枝が合わさるので、発汗するでしょうね。麻黄湯になりますから。
 すると麻杏甘石湯と五苓散で、水と熱を汗と小便に持っていこうとしてることが窺えますね。
 水をさばいて気の通りをよくしておいて、麻黄・桂枝・石膏で風寒でも風熱でも、どっちでも来い!散らしてやるぞって感じでしょうか。(後述の細辛・麝香なんかもそうですね)
 
 そして 柴胡 黃芩 薑半夏 生薑 です。
 小柴胡湯の類が意識されますね。少陽枢機・膈を開こうとする意図でしょう。
 細辛は辛温で散じる力が強いので表は寒邪を裏は寒飲を散じますね。
 藿香はあまりなじみが無いのですが、やはり散じる力が強い薬物だと思います。
 そして 枳實 陳皮 でさらにこれを助けるのでしょう。唯一補薬がイメージされる山薬。
 そしてさらに筆者にとってなじみの薄い、紫菀(しおん) 冬花 射干(やかん)ですが、上焦病位の清熱に働くようです。
 ですから、よほど肺に熱を持つのでしょう、この病は。
 ここまでくると、コロナウイルスによる外感病の、おおよその病態と症状を想像することが出来ますよね。
 そしてその予防法・養生法もね。
 日本に住む我々だと、気候風土からして特に「水はけ」水利には普段から十分に気を付けておいた方がよさそうですよね。
 次いで内熱でしょうか。
 筆者はお酒が大好きなので、ここは摂生が必要なところです💦
 あと甘い物や肉・油物などは内熱を助長しますので、摂り過ぎには気を付けたいものです。
 
 こういうの見てると、やはり中国ってすごいな~って思います。
 本来、湯液って、個人対個人、方証相対じゃないですか。
 でもそんなことやってたら間に合わないから、数多くのコロナによる外感病の症例から、最大公約数的な病理を導き出して方剤を考案してるのが分かりますよね。
 中には、この病理の組み立てに合わない人もいるかもしれませんが、それよりもこの方剤で助かる人の数の方が多いのでしょう、きっとね。
 ちなみに、中国でも鍼灸治療の情報はまだですね。
 医療制度の異なる日本の東洋医学界では、中国のような対応は無理でしょう。
 ですが、この中国での対応から、我々は学ぶことが出来ます。
 もし身近な家族とかに万一のことがあれば、筆者は自分の手で治療を試みたいと思ってます。
 先ずは日ごろの養生。
 特に食生活ですね。
 そして万一治療が必要となれば、水と壮熱。
 このあたりを十分に意識してことに臨みたいと思います。