ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。当ブログ内の一切の著作権は一の会に在ります。流用される方はご一報ください。

抗体依存性感染増強(ADE)に関して思うこと

 

medical.nikkeibp.co.jp

 

2度目の感染時や、ワクチン接種後の感染時に、かえって重篤な症状を引き起こす「抗体依存性感染増強(ADE)」。

 

こういうことも知ってしまうと、人によっては、「ワクチンの完成まで耐えても、結局はロシアンルーレットを引かなければならないの?」などという感想を持って、ますます怖くなるでしょうか。

 

けれど、この現象、東洋医学をやっている者としては、原理が分かりやすいので、単純に興味深いと思いました。

 

簡単に説明すると、感染後の発熱中に放散し損ねて(閉じ込めてしまって)生まれた、あるいは、感染前から持っていた、体内でくすぶり続けている熱(エネルギー)のせいで起こることだと言えそうです。

 

アナフィラキシーショックや、薬剤アレルギーに対する解釈も同様。

アナフィラキシーショックだって、全員がなる訳ではないですもんね。

 

『長沙腹診考』という本によれば、江戸時代、とある子どもの目力の異常な強さを“心火”の有る証拠と見て、「天然痘にかかる前に“三黄瀉心湯(三黄丸)”などを飲ませ、胸の奥の熱を冷ましておいた方が良い」とアドバイスした医者が居たそうです。

その後、薬を飲まされなかった子どもは、翌年に流行した天然痘でとびきり高い熱を出し、亡くなってしまったそうですが。

 

人体には、刺激に対しての反応に違いを生み出す要素が何かしら在って、東洋医学は昔からそこに着目し、疫病による被害を抑えようとしてきたのですね。

 

( 鍼道一の会 東洋医学講座 座長・稻垣 順也 )

 

『鍼道 一の会』は、自由自在に気を扱える、プロの鍼灸治療家を目指す集団です。

 ご興味のある方は是非、『場の気』を感じにお越しください。

  『鍼道 一の会』についてのお問い合わせは、事務局 大上(おおがみ)まで

  詳細はこちらへ↓