ブログ『鍼道 一の会』

『鍼道 一の会』は、「福祉への貢献」を目的に、「伝統医学」を規範に、「鍼灸」を手段に、「大阪市」を本拠地に据え、活動を続けている団体です。(当ブログ内の一切の著作権は一の会に在ります。流用される方はご一報ください。)

百会の対極…失眠穴

 百会の対極といえば会陰に当たるのですが、場所的には使えませんよね。

 では空間を体幹部から手足にまで広げてみればいいわけですよね。

 百会と手の井穴は共に陽極です。

 すると会陰は、足の井穴としたいところですが、足底が位置的に最も下位になります。

 前回、不眠を例に挙げましたが、足の踵中央に失眠穴がありますよね。

 足の裏全体が陰極で、踵から湧泉はその陰極の中でのバリエーションとなります。

 前に走ろうとすれば足の裏の前に重心がかかりますので、陰気は失眠穴>湧泉と考えることができますね。

 足の井穴は、歩行時には前の上を向きますしね。

 この失眠穴なのですが、足の太陽経が承筋→承山→飛陽と流れていることになっています。

 足陽明が膝から二本の流れになっていますので、承筋→承山→失眠→湧泉という流れと委陽→飛陽→跗陽→崑崙→僕参…至陰という二本の流れとして捉えるのが自然だと思うのですがどうでしょう。

 足少陽も同じです。

 また足太陽は背部の一行と二行が大腿部で交差してることになってますが、これも不自然な流れだと思います。

 とにもかくにも、足底の踵中央にわざわざ失眠穴と名付けているのですから、よほど頭部の陽気を引き下ろす作用があるのでしょうね。

 

鍼道 一の会』は、自由自在に気を扱える、プロの鍼灸治療家を目指す集団です。

 ご興味のある方は是非、『場の気』を感じにお越しください。

  『鍼道 一の会』についてのお問い合わせは、事務局 大上(おおがみ)まで

  詳細はこちらへ↓